デュッセルドルフ発 〓 デュッセルドルフ響が首席客演指揮者を務めるアルペシュ・チャウハンとの契約を延長

2024/04/15

ドイツのデュッセルドルフ交響楽団(Düsseldorfer Symphoniker)が首席客演指揮者を務める英国の指揮者アルペシュ・チャウハン(Alpesh Chauhan)との契約を延長した。チャウハンは2021/2022シーズンからその任にあり、今回の契約更改で任期は2026/2027シーズン終了まで延長される。

チャウハンはインド系の34歳。バーミンガム出身で幼い頃からチェロを学び、地元のバーミンガム市交響楽団のユース・オーケストラで首席奏者を務めた後、指揮の勉強を始め、市響のアシスタント・コンダクターを経て、2017年からイタリア・パルマを本拠地とするトスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。

昨年、バーミンガム・オペラの音楽監督に就任、英国初の「BAME」の音楽監督として注目を集めた。「BAME」は「Black, Asian and Minority Ethnic」の略で、イギリスではマイノリティを意味する。リーズ大学の調査によると、2050年には「BAME」の人口が英国の人口の5分の1を占めると予測されている。

写真:Birmingham Opera Company / Michele Monasta


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  2. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  3. ボストン発 〓 空席が続いていたボストン響のコンサートマスターにネイサン・コール

  4. 訃報 〓 伊藤京子(94)日本のソプラノ歌手

  5. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ(97)セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  8. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  9. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  10. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  11. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  12. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  13. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルが聴衆なしの3回のコンサートを配信

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  15. プラハ発 〓 セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの音楽監督を2028年に退任する意向

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。