バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

2020/04/22
【最終更新日】2020/04/23

コロナウイルス禍で今年の開催を断念したドイツ・バーデン=バーデンの復活祭音楽祭がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)との契約を延長、向こう4年の計画を発表した。

復活祭時期はザルツブルクの復活祭音楽祭に出演していたベルリン・フィルは、2013年からバーデン=バーデンの復活祭に出演するようになり、オペラとコンサートに取り組んでいる。

発表によると、2021年に上演するオペラは《マゼッパ》、2022年は《スペードの女王》で、2年連続でチャイコフスキーの作品が選ばれた。チャイコフスキーに続くのはリヒャルト・シュトラウスで、2023年に《影のない女》。2024年は未定。

2021年はコンサートにパーヴォ・ヤルヴィ、セミヨン・ビシュコフが客演する他、リサ・バティアシュヴィリ、ラルス・フォークトの出演が予定されている。

写真:Festspielhaus Baden-Baden


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  2. マルティナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭が開催を決定

  3. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  4. バイロイト発 〓 メゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャがバイロイト音楽祭デビュー、新制作の《パルジファル》のクンドリー役で

  5. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが新作の《トスカ》と《魔弾の射手》の無料ストリーミングを開始

  6. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  7. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭がウクライナ支援のチャリティー・コンサート

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  9. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  10. トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

  11. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  12. 訃報 〓 シルヴィア・ゲスティ(84)ハンガリーのソプラノ

  13. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  14. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。