ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/02/14

ロサンゼルス・オペラ(Los Angeles Opera)が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕はドニゼッティ《ランメルモールのルチア》で、11月のプッチーニ《トスカ》で、オクサーナ・リーニフが劇場デビューを飾る。

オペラ以外にファン・ディエゴ・フローレス、ルネ・フレミング、イザベル・レナード、パブロ・サインス・ヴィルガスらのリサイタルも予定されている。

9月17日ー10月9日
ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》
[演出]サイモン・ストーン
[指揮]リーナ・ゴンザレス=グラナドス
[出演]アマンダ・ウッドベリー / リヴ・レッドパス / アルトゥーロ・チャコン=クルス / エリック・オーエンス

10月23日ー11月13日
リアノン・ギデンズ《オマール》
[演出]Kaneza Schaal
[指揮]カジム・アブドラ
[出演]ジェームス・マックコーケル / ダニエル・オクリッチ / ノーマン・ギャレット / バリー・バンクス / ジャクリーン・エコルズ / ブリアナ・ハンター

11月19日ー12月10日
プッチーニ《トスカ》
[演出]ジョン・ケアード
[指揮]オクサーナ・リーニフ
[出演]エンジェル・ブルー / グレゴリー・クンデ / ライアン・マッキニー

2023年
2月4日ー2月26日
モーツァルト《フィガロの結婚》
[演出]ジェームズ・グレイ
[指揮]ジェームズ・コンロン
[出演]クレイグ・コルクラフ / ジャナイ・ブラッガー / アナ・マリア・マルティネス / ルーカス・ミーチャム /  リハブ・カイエブ / クリスティン・ジグムンドソン / マリー・マクローリン

3月25日ー4月16日
ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
[指揮]ジェームズ・コンロン
[出演]シドニー・マンカソラ / ウィル・リバーマン / カイル・ケテルセン / スーザン・グラハム / フェルッチョ・フルラネット

5月13日ー6月4日
ヴェルディ《オテロ》
[演出]ジョン・コックス
[指揮]ジェームズ・コンロン
[出演]ラッセル・トーマス / レイチェル・ウィリス=ソレンセン / イーゴリ・ゴロヴァテンコ / モーリス・ロビンソン

写真:Los Angeles Opera

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  4. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作のベッリーニ《海賊》をストリーミング配信

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  6. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを延長、2022年1月14日まで

  7. ベルリン発 〓 メルケル政権、コンサートなどのイベントは8月末まで禁止

  8. 訃報 〓 コルネリウ・ムルグ, ルーマニアのテノール歌手

  9. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  10. ロンドン発 〓 「オペラ・アワーズ」2021を発表

  11. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  12. グラナダ発 〓 クリスティアン・ツァハリアスがグラナダ市立管弦楽団の首席客演指揮者に

  13. ニューアーク発 〓 ニュージャージー響が音楽監督シャン・ジャンとの契約を延長

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。