リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

2020/08/03

ドイツの指揮者アレクサンダー・リープライヒ(Alexander Liebreich)がリヒャルト・シュトラウス音楽祭の芸術監督を辞任した。音楽祭はガルミッシュ=パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen)で行われており、リープライヒは2018年から芸術監督を務めていた。

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンはオーストリアとの国境に近い街で、1936年には冬季オリンピックが行われている。シュトラウス(1864-1949)が別荘に移り住んだのは1908年のことで、以後40年近くを過ごし、作品の多くがその別荘で作られた。音楽祭は1989年、作曲家の没後40年を記念して創設されたもので、初代の芸術監督はヴォルフガング・サヴァリッシュ。

リープライヒ1968年、ドイツ・レーゲンスブルクの生まれ。クラウディオ・アバド、ミヒャエル・ギーレンの薫陶を受けた後、ミュンヘン室内管弦楽団の芸術監督を務めた。2012年からポーランド国立放送交響楽団、2018年からはプラハ放送交響楽団の首席指揮者兼芸術監督を兼務している。日本フィルハーモニー交響楽団への客演など、日本でもお馴染み。

写真:Prague Radio Symphony Orchestra / Tomáš Vodňanský


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  2. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  3. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  4. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  5. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  7. バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  11. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  12. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  13. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  15. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2021年の音楽祭の日程を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。