アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、クラウス・マケラと全米ツアー

2024/03/27

オランダ・アムステルダムを本拠地とするロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)が首席指揮者就任に先立ち、2022/2023シーズンからオーケストラの芸術パートナーを務めている。

新シーズンの目玉は、マケラと行う全米ツアー。また、2024年に生誕200年を迎えるブルックナーの交響曲チクルスが続く他、生誕150年のシェーンベルクの企画も計画されている。

客演する指揮者陣の顔ぶれも豪華で、ヤープ・ファン・ズヴェーデン、ウラディーミル・ユロフスキ、イヴァン・フィッシャー、パーヴォ・ヤルヴィ、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ、レオナルド・ ガルシア・アラルコン、セミヨン・ビシュコフ、リッカルド・シャイー、アントニオ・パッパーノ、アンドルー・マンゼ、フランソワ=グザヴィエ・ロトが顔を揃える。

加えて、カリーナ・カネラキス、ハンナ・チャン、ルー・ユイ(=俞潞)、リッカルド・ミナーシ、ヴァシリー・ペトレンコ、シモーネ・ヤングが新シーズンにオーケストラ・デビューを果たす。

写真:Royal Concertgebouw Orchestra / Marco Borggreve


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  2. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  3. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー(85)オーストリアの指揮者

  4. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  5. パリ発 〓 フランスの劇場は4月の公演をキャンセル、文化大臣も新型コロナウイルスに感染

  6. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  8. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  9. 訃報 〓 エリン・ウォール(44)カナダのソプラノ歌手

  10. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン(91)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  11. 訃報 〓 アレクサンドル・ブズロフ(38)ロシアのチェロ奏者

  12. ニュルンベルク発 〓 演出家のペーター・コンヴィチュニー、初日前にまた解任される

  13. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  14. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー(95)オランダのヴァイオリン奏者

  15. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。