ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

2021/08/27

ドルトムント市立オペラ(Oper Dortmund)が芸術総監督のヘリベルト・ゲルメスハウゼン(Heribert Germeshausen)、オペラの音楽総監督とピットに入るドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、さらに市の音楽監督を兼務するガブリエル・フェルツ(Gabriel Feltz)との契約を延長した。

ゲルメスハウゼンは2018年の就任で、契約更改により任期は2027/2028シーズンまで延びる。一方のフェルツは2013年からその任にあり、2024/2025年まで任期が延びる。ゲルメスハウゼンとフェルツのコンビは任期中、ペーター・コンヴィチュニーを起用したワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作上演に取り組むという。

写真:Dortmunds Philharmoniker / Andy Spyra


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  2. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  3. 訃報 〓 ラファエル・ロハス, メキシコ出身のテノール歌手

  4. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  5. デモイン発 〓 大ベテラン、サイモン・エステスがオペラからの引退を発表

  6. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の中国人メンバー、ヴィオラの首席奏者に梅第揚

  8. 訃報 〓 マリア・ユーイング, アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  9. 訃報 〓 ルース・ファルコン, アメリカのソプラノ歌手

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第1週のストリーミングのラインナップを発表、新制作の《椿姫》もライブで

  11. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはカザフスタンのアリム・バイゼンバエフが優勝、小林海都が2位に

  12. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  13. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  14. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が14日に特別コンサート、ウクライナへの連帯を全世界に発信

  15. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。