ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団が2023年夏の解散を発表

2021/08/27

エマーソン弦楽四重奏団(Emerson String Quartet)が2023年夏で解散することを発表した。曲目によって第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが交代、チェロ以外の3名が立奏する独自のスタイルを長く展開、ニューヨークを拠点に世界最高峰の弦楽四重奏団として室内楽の世界を長くリードしてきた。

結成はアメリカ合衆国建国200年だった1976年。ジュリアード音楽院で知り合った4人、ヴァイオリンのユージーン・ドラッカー、フィリップ・セッツァー、ヴィオラのグィルエルモ・フィグエロン、チェロのエリック・ウィルソンがアメリカの哲学者で詩人のラルフ・ウォールド・エマーソンの名を戴いて活動をスタートさせた。

翌1977年にヴィオラがローレンス・ダットン、1979年にチェロがデイヴィッド・フィンケルに交代。その後は、2013年にチェロがポール・ワトキンスに変わるまでメンバーの交代が少ないことでも知られる。

古典から現代物まで幅広いレパートリーを誇り、陰影に富んだ表現で多くの聴衆を魅了。ニューヨーク、ロンドン、ウィーンを結んで行われたベートーヴェン、バルトーク、ショスタコーヴィッチの弦楽四重奏曲全曲演奏など旺盛な活動を展開して多くの金字塔を打ち立てた。

録音にも積極的に取り組み、ドイツ・グラモフォン、Sony Classicalに30タイトルを超えるアルバムを録音、「ベスト・クラシカル・アルバム」を含めてグラミー賞9回、グラモフォン賞3回授賞。また、エイヴリー・フィッシャー賞を室内楽の団体としては初めての受賞している。

また、若い演奏家を育てることにも熱心で、ニューヨーク州立大学ストニーブルック校ではレジデント・カルテットを務めて多くの学生を音楽界に送り出し、カーネギー・ホールでも教育プログラム「ワイル・ミュージック・インスティテュート」で指導に当たっていた。

写真:Emerson String Quartet / Strijkkwartet Biënnale / Ben Bonouvrier


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  2. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《西部の娘》をライブ・ストリーミング

  3. マドリード発 〓 スペイン国立管が首席指揮者・芸術監督のダーヴィト・アフカムとの契約を延長

  4. ウィーン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメが国立歌劇場の名誉会員に

  5. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  6. 訃報 〓 フランコ・ファンティーニ(99)イタリアのヴァイオリン奏者, スカラ座管弦楽団の元コンサートマスター

  7. 訃報 〓 テレサ・ベルガンサ(89)スペインのメゾ・ソプラノ歌手

  8. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  9. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  10. ブリスベン発 〓 クイーンズランド交響楽団の次期首席指揮者にヨハネス・フリッチュ

  11. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  12. ハンブルク発 〓 ブロムシュテットが当面の活動を休止、また転倒で怪我

  13. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  14. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  15. 浜松発 〓 浜松国際ピアノ・コンクールが第11回の開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。