パリ発 〓 劇場の占拠、フランス全土へ拡大

2021/03/14

3月4日にパリのオデオン劇場の占拠から始まったフリーランスのアーティストたちの抗議運動がフランス全土に拡大してきた。13日現在で、全土で占拠された劇場は31を数え、さらに増える勢い。アーティストたちは文化施設の速やかな再開場と社会保障費の免除期間の2022年8月までの延長を求めている。

運動のスタートは4日の共和国広場で行われた集会の後、アーティストたち約50人がオデオン劇場を占拠したこと。オデオン劇場は1784年にはボーマルシェの「フィガロの結婚」が初演された由緒ある名門劇場で、1968年の「五月危機」でも自由を求める学生たちに占拠された。

現地の報道によると、6日の夕方にはロズリーヌ・バシュロー文化大臣がオデオン劇場を訪問して話し合いの場を持ったが、アーティストたちから「ショッピング・センターや公共交通といった人がひしめく場所は閉鎖されないのに、なぜ劇場などが閉鎖されているのか理解に苦しむ」と訴えられたという。

国の政策への抗議の意味合いから、占拠されている劇場の多くが国立の劇場。パリで始まった運動はマルセイユ、ブレスト、ストラスブール、ブザンソン、ナント、リモージュ、トゥールーズといった都市部を経てさらに地方へも広がっている。

写真:Cgt Spectacle


関連記事

  1. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  4. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  5. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  6. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  7. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  10. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  12. パリ発 〓 コミック座が2021年の公演ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  14. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  15. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。