ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がオーケストラとの労働協定で合意、開幕公演までに合意を記念する特別コンサートも

2021/08/25

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が8月24日、難航していたオーケストラとの間の新しい労働協定の締結について合意に達したと発表した。条件など内容は明らかにされていないが、9月27日の新シーズンの開幕に向けて大きく前進した。

また、開幕に先立ち、合意を記念する公演が行われることも発表された。公演は9月4日と5日にリンカーン・センター内のダムロッシュ・パークで行われ、音楽監督のヤニック・ネゼ=セガンの指揮でマーラーの交響曲第2番《復活》を演奏する。

どちらのコンサートも無料公開で、ダムロッシュ・パークに約2,500席が設けられる。出演はソプラノのファン・イン、メゾ・ソプラノのデニス・グレイブス。

オーケストラとはまた、カーネギー・ホールのワイル・リサイタル・ホールで室内アンサンブルによる新しいシリーズを起ち上げることでも合意したと発表されている。10月から2022年6月までの間に6回のコンサートが行われるという。

新シーズンの開幕公演はテレンス・ブランチャードの新作オペラ《骨の中に閉じ込められた燃える火》を上演する。エンジェル・ブルー、ラトニア・ムーア、ウィル・リバーマンが出演。もちろん、指揮はネゼ=セガン。

写真:Metropolitan Opera / Rose Callahan


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  2. サンクト・ペテルブルク発 〓 ミハイロフスキー劇場の音楽監督にアレヴティナ・ヨッフェ、ロシア初の女性音楽監督

  3. 訃報 〓 レナーテ・ホルム, オーストリアのソプラノ歌手

  4. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  5. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  6. パリ発 〓 劇場の占拠、フランス全土へ拡大

  7. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  8. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  9. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  10. 東京発 〓 久石譲が新作交響曲を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

  11. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が《マノン・レスコー》の公演で、マリア・アグレスタの代役にアンナ・ネトレプコを起用

  12. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  14. 訃報 〓 ミキス・テオドラキス, ギリシャの作曲家・社会活動家

  15. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。