グラナダ発 〓 クリスティアン・ツァハリアスがグラナダ市立管弦楽団の首席客演指揮者に

2021/07/27

スペインのグラナダ市立管弦楽団(Orquesta Ciudad de Granada)が指揮者としても活躍するドイツのピアニスト、クリスティアン・ツァハリアス(Christian Zacharias)を首席客演指揮者に迎えると発表した。

ツァハリアスはインド・ジャムシェドプル生まれの72歳。パリで学び、1969年のジュネーヴ国際音楽コンクール、1973年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールなどで優勝してデビュー、ピアニストとして国際的な活躍を続けてきた。

指揮者としては、1992年にスイス・ロマンド管弦楽団を指揮してデビュー。2000年から2013年までスイスのローザンヌ室内管弦楽団の芸術監督を務め、自らの弾き振りでモーツァルトのピアノ協奏曲全集を録音している。

ツァハリアスは2021/2022シーズンを締め括る4月と5月のコンサートに登場、ハイドン、モーツァルト、プーランク、ブルックナー、ハイドンの作品などを指揮する。

グラナダ市管弦楽団は昨年11月から、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ルツェルン祝祭管弦楽団などの首席オーボエ奏者から指揮者に転身したスペイン出身のルーカス・マシアス(Lucas Macías)が芸術監督を務めている。

写真:christian-zacharias.com / Klaus Rudolph


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  2. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  3. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  4. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席指揮者イヴァン・レプシッチとの契約を延長

  6. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が「カラカラ浴場」での公演を再開、2022年の夏から

  8. ベルリン発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが転倒、入院

  9. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  10. ミラノ発 〓 ミラノ市長がスカラ座にゲルギエフの解任を要求、ロシアのウクライナ進攻で

  11. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラの新制作《ピーター・グライムズ》、新型コロナで初日を3月6日に延期

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  14. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。