バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

2021/07/26

作曲家ワーグナーが創設、彼の作品を上演しているドイツのバイロイト音楽祭(Bayreuth Festival)が7月25日、新制作の《さまよえるオランダ人》の上演で開幕した。《オランダ人》の指揮はオクサーナ・リーニフで、女性指揮者が登場するのは音楽祭初。

今年のオペラ上演は《オランダ人》以外に《タンホイザー》と《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、《ワルキューレ》の再演。これにコンサート形式で上演されるクリスティアン・ティーレマン指揮の《パルジファル》、アンドリス・ネルソンス指揮のコンサートなどが加わる。

開幕前日、29日から上演が始まる《ワルキューレ》でヴォータンを歌うはずだったギュンター・グロイスベックがキャンセルが発表された。コロナ禍で公演のキャンセルが続いて十分な準備ができなかったとしているが、《タンホイザー》や《ニュルンベルクのマイスタージンガー》などには出演する。代役はトマス・コニエチュニー。

音楽祭は2022年から新制作の《ニーベルングの指環》の上演が始まる。また、2023年は《パルジファル》の新制作が行われることも発表された。パルジファルにジョセフ・カレヤ、エカテリーナ・セメンチュクがクンドリーを歌う。

これが実験的なもの。マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授でバーチャル・リアリティの専門家であるジェイ・シャイブを起用、聴衆は3D眼鏡を着けて舞台を鑑賞するスタイルになるという。

写真:Bayreuther Festspiele / Enrico Nawrath


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年夏の音楽祭の公演ラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  3. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  4. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  5. ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  7. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  8. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  9. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  11. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  12. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  13. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  15. ハンブルク発 〓 ハンブルク交響楽団がマルタ・アルゲリッチとの公演をライブ配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。