ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がネット上でスター歌手40人超えの特別ガラ・コンサート

2020/04/14

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)がオペラのスター歌手を集め、4月25日にネット上でガラ・コンサートを行うと発表した。総裁のピーター・ゲルブと音楽監督のヤニック・ネゼ=セガンの呼びかけで実現したという。

出演するのは、ヨナス・カウフマンやロベルト・アラーニャ、アンナ・ネトレプコやルネ・フレミングら世界的なアーティスト40人以上が顔を揃える。それぞれが自宅から参加するスタイルで、ライブ・ストリーミングで配信される。

配信は米国の東部夏時間(EDT)の午後1時から、公式サイト上で行われる。翌日の午後6時30分まで視聴可能。出演するアーティストと出演地は以下の通り。

・ロベルト・アラーニャ & アレクサンドラ・クルザク:ル・ランシー(フランス)
・マルコ・アルミリアート:ルガノ(スイス)
・ジェイミー・バートン:アトランタ(米国)
・ピョートル・ベチャワ:ザブニカ(ポーランド)
・エンジェル・ブルー:アルパイン(米国)
・ローレンス・ブラウンリー:ナイスヴィル(米国)
・ジョセフ・カレヤ:メリーハ(マルタ)
・ニコール・カー & エティエンヌ・デュピュイ:パリ(フランス)
・デイヴィッド・チャン:クロスター(米国)
・アンソニー・ロス・コスタンツォ:ニューヨーク(米国)
・スティーヴン・コステロ & ユン・グォン・コステロ:ニューヨーク(米国)
・ディアナ・ダムラウ:ヴィザン(フランス)
・マイケル・ファビアーノ:ボニータ・スプリングス(米国)
・ルネ・フレミング:ヴァージニア(米国)
・エリーナ・ガランチャ:リガ(ラトビア)
・クリスティーン・ガーキー:ティーネック(米国)
・ギュンター・グロイスベック:ルガノ(スイス)
・ヨナス・カウフマン:ミュンヘン(ドイツ)
・イザベル・レオナルド:ニューヨーク(米国)
・アンブロージョ・マエストリ:ルガノ(スイス)
・ペーテル・マッテイ:ブロンマ(スウェーデン)
・エリン・モーリー:ニューヘイブン(米国)
・リセッテ・オロペサ:バトン・ルージュ(米国)
・ルネ・パーペ:ドレスデン(ドイツ)
・アイリーン・ペレス & ソロマン・ハワード:シカゴ(米国)
・マシュー・ポレンザーニ:ニューヨーク(米国)
・アニタ・ラチヴェリシュヴィリ:トビリシ(ジョージア)
・ゴルダ・シュルツ:ミュンヘン(ドイツ)
・ブリン・ターフェル & ハンナ・ストーン:スウォンジー(英国)
・エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー:モンペリエ(フランス)
・ミヒャエル・ヴォッレ:ベルリン(ドイツ)
・プリティ・イェンデ:ピート・レティーフ(南アフリカ)
・ソーニャ・ヨンチェヴァ:ジュネーブ(スイス)


写真:Metropolitan Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ポズナン発 〓 ポズナン・フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にウカシュ・ボロヴィチ

  2. 訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

  3. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  4. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  5. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  7. 北京発 〓 ピアニストのラン・ランが中国でバッハ・ツアー、15都市でゴルドベルク変奏曲

  8. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  9. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  13. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  14. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  15. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。