ミュンヘン発 〓 サイモン・ラトル率いるバイエルン放送響が11月に日本ツアー

2024/06/04

ドイツ・ミュンヘンを本拠地とする名門オーケストラ、バイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)が11月に日本ツアーを行うことが発表された。韓国、日本、台湾を回るツアーの一環で、2023/2024シーズンから首席指揮者を務めるサイモン・ラトル(Simon Rattle)とは初の日本ツアー。4年ぶりの来日となる。28日は「NHK音楽祭2024」に出演する。

日本ツアーは東京、神奈川、兵庫、愛知などで6回のコンサートを行う。プログラムは生誕200周年を迎えるブルックナーの交響曲第9番(コールス校訂版)、マーラーの交響曲第7番《夜の歌》、ブラームスの交響曲第2番などをメインに据えたもの。27日の東京公演では、リゲティとワーグナー、ウェーベルンとワーグナーの作品を演奏してから、ブルックナーを演奏するという一夜になる。

ソリストに起用されるのはピアノのチョ・ソンジン(SeongJin Cho)。韓国・ソウル生まれの30歳で、2015年の第17回「ショパン国際ピアノ・コンクール」で優勝して国際的な活躍を展開しており、2024/2025シーズンにはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のアーティスト・イン・レジデンスを務める。ブラームスのピアノ協奏曲第2番、川崎公演でベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番を演奏する。

バイエルン放送響は2024年に創立75周年を迎える名門。バーミンガム市響の首席指揮者、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督、ロンドン交響楽団の音楽監督を歴任してきたラトルが2023/2024シーズンから、2019年に急逝したマリス・ヤンソンスの後を受け、第6代首席指揮者に迎えられた。

写真:Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  2. ケルン発 〓 ケルン放送管の次期首席指揮者にアイルランドの指揮者デヴィッド・ブロフィー

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  5. ミュンヘン発 〓 ドイツ・サッカー界の“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーの追悼式でカウフマンが熱唱

  6. ウィーン発 〓 演出家のマルティン・クシェイがブルク劇場の芸術監督を退任

  7. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. リガ発 〓 2022年の「オペラリア」はラトビア国立歌劇場で

  9. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの首席客演指揮者にノルウェーのタビタ・ベルグルンド

  10. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード(81)英国の指揮者

  11. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  12. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  13. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  15. サルヴァドール発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが心臓疾患で当面の活動を休止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。