ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

2021/07/22

テノール歌手のヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)がワーナー・クラシックにプッチーニ《トゥーランドット》全曲を録音することが分かった。本人が明らかにしたもので、カラフ役へのデビューとなる。

指揮はアントニオ・パッパーノで、オーケストラはサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団。オーケストラは2022年3月12日、同じ顔ぶれでコンサート形式による上演を予定している。

キャストはカウフマンのカラフ以下、トゥーランドット姫にソンドラ・ラドヴァノフスキー、リューにエルモネラ・ヤオ、ティムールにミケーレ・ペルトゥージ、アルトゥームにマイケル・スパイレスという顔ぶれ。ラドヴァノフスキーもロール・デビューとなる。

カウフマンとパッパーノ率いるサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽は昨年、ソニー・クラシカルにヴェルディ《オテロ》を録音。ワーナー・クラシックにも、プッチーニ《蝶々夫人》、ヴェルディ《アイーダ》の録音を残している。

写真:Warner Classics


関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  2. ハンブルク発 〓 シルヴァン・カンブルランが首席指揮者を務めるハンブルク響との契約を延長

  3. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  4. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  5. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がオーケストラとの労働協定で合意、開幕公演までに合意を記念する特別コンサートも

  8. 訃報 〓 アガ・ミコライ, ポーランドのソプラノ歌手

  9. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  11. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  12. パリ発 〓 フランスの劇場は4月の公演をキャンセル、文化大臣も新型コロナウイルスに感染

  13. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  14. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  15. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。