ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

2021/07/22

テノール歌手のヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)がワーナー・クラシックにプッチーニ《トゥーランドット》全曲を録音することが分かった。本人が明らかにしたもので、カラフ役へのデビューとなる。

指揮はアントニオ・パッパーノで、オーケストラはサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団。オーケストラは2022年3月12日、同じ顔ぶれでコンサート形式による上演を予定している。

キャストはカウフマンのカラフ以下、トゥーランドット姫にソンドラ・ラドヴァノフスキー、リューにエルモネラ・ヤオ、ティムールにミケーレ・ペルトゥージ、アルトゥームにマイケル・スパイレスという顔ぶれ。ラドヴァノフスキーもロール・デビューとなる。

カウフマンとパッパーノ率いるサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽は昨年、ソニー・クラシカルにヴェルディ《オテロ》を録音。ワーナー・クラシックにも、プッチーニ《蝶々夫人》、ヴェルディ《アイーダ》の録音を残している。

写真:Warner Classics


関連記事

  1. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  2. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  3. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  4. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノコンクールが予選通過者を発表

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  7. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールの優勝者は2003年以来の「該当者なし」

  8. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  9. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  10. クアラルンプール発 〓 マレーシア・フィルの音楽監督に準・メルクル

  11. 浜松発 〓 国際ピアノアカデミー、4年ぶりに再開

  12. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  13. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

  15. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。