ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/07/21

ドイツのライプツィヒ市立歌劇場(Oper Leipzig)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の4作品。劇場ではシーズン終了後の2022年6月から7月にかけて、劇場ゆかりの作曲家ワーグナーの13の歌劇と楽劇を集中上演する音楽祭「ワーグナー22」を行う予定。

音楽祭「ワーグナー22」はワーグナーの歌劇、楽劇のうち、《ニーベルングの指環》以外の作品をすべて上演するという意欲的なもの。2009年から芸術総監督・音楽監督を務めてきたウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)にとって最後のシーズンを締め括る一大イベント。

9月25日 – 10月17日
ウルマン《反キリスト教徒の堕落》
[出演]トーマス・モーア / ダン・カールストレム / カイ・スティーファーマン / シュテファン・リューガマー / セバスティアン・ピルグリム / マルティン・ペッツォルト
[指揮]マティアス・フォレムニー
[演出]バラージュ・コバリク

10月23日 – 2022年7月3日
ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
[出演]エリザベート・ストリッド / カトリン・ゲーリング / イアン・パターソン / マグヌス・ヴィジリウス / セバスティアン・ピルグリム
[指揮]ウルフ・シルマー
[演出]デービッド パウントニー

2022年5月26日 – 6月30日
ワーグナー《ローエングリン》
[出演]サイモン・ニール / ミカエル・ヴェイニウス / ガル・ジェイムズ / ガブリエラ・シェラー / カトリン・ゲーリング / セバスティアン・ピルグリム
[指揮]クリストフ・ゲッショルト
[演出]カタリーナ・ワーグナー

4月23日 – 6月4日
ニールセン《仮面舞踏会》
[出演]バルバラ・コゼリ / マグダレーナ・ヒンタードブラー / サンドラ・ヤンケ / セバスティアン・ピルグリム / フランツ・クサヴァー・シュレヒタ / ダン・カールストレム / スヴェン・ヒョルレイフスソン / セジョン・チャン / ジャン=バティスト・ムレ / オンドレイ・ポトゥーチェク
[指揮]ステファン・ジリアス
[演出]Cusch Jung

写真:Oper Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  2. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  3. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが夏の公演を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  4. リエージュ発 〓 ベルギーのワロン王立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  6. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  7. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  8. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  10. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  11. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  12. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  13. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  14. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  15. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。