モスクワ発 〓 ロシアのメディア、ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督も兼務と報道

2023/11/17

ロシアの日刊紙「イズベスチヤ」が指揮者のワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が首都モスクワのボリショイ劇場の総監督に就任すると報じた。ゲルギエフは1988年から、サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場の芸術監督・総監督を務めており、双方の監督を一人の人間が務めるのは1917年のロシア革命後初めてという。

報道によれば、2013年からその任にあるウラジーミル・ウリン(Vladimir Urin)が近く退任する。ウリンは昨年3月、プーチン大統領に対し、国際的なヴァイオリニストで指揮者としても活躍しているウラディーミル・スピヴァコフら芸術家16人と共同で「ウクライナでの特殊作戦の停止を求める請願書」を提出。これに大統領が反応し、3月末のゲルギエフとのリモート会見で二つの劇場を監督することを提案していた。

ゲルギエフはこの5月で70歳。ウクライナ侵略後も沈黙を守ったことで、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者のポストをはじめ、海外のポスト、仕事のほぼすべて失った。ボリショイ劇場の総監督就任は11月16日から18日まで開催されるサンクトペテルブルク国際文化フォーラムで発表されるという。

写真:Sergey Bulkin


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  2. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  3. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  4. モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

  5. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー(90)ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  6. 訃報 〓 リン・ハレル(76)米国のチェロ奏者

  7. ベルリン発 〓 オーストラリア出身のトロンボーン奏者ジョナサン・ラムジーがベルリン・フィルのオーディションを通過

  8. 訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ(87)ドイツの演出家

  9. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールが延期を発表

  10. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  11. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  12. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  13. ラスベガス発 〓 ラスベガス・フィルが芸術顧問に大御所レナード・スラットキン

  14. エッセン発 〓 ドイツの老舗音楽月刊誌「フォノ・フォルム」廃刊へ

  15. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。