ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

2021/05/12
【最終更新日】2021/05/24

ドイツ・オペラ界の雄ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場することになった。PCR検査の証明書が必要で、入場者数も劇場の収容人数の3分の1という条件付ながら脱コロナの第一歩となる。

初日13日にはワーグナー《ワルキューレ》の第1幕が上演。ヨナス・カウフマン、リーゼ・ダヴィドセン、ゲオルク・ツェッペンフェルトが出演する豪華版。バイエルン州立オペラではその後、5月23日にアリベルト・ライマンのオペラ《リア王》を上演する。

《リア王》は新制作のプロダクションで、新演出を手掛けるのはクリストフ・マルターラー。クリスティアン・ゲルハーヘル、アンゲラ・デノケが出演、指揮はユッカ=ペッカ・サラステ。30日には歌劇場のホームページでストリーミング配信される。

写真:Bayerische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  2. ラスベガス発 〓 第64回「グラミー賞」発表

  3. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  4. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  5. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  6. 訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

  7. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  8. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  9. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  10. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ, 英国の作曲家

  11. ソウル発 〓 ヤープ・ファン・ズヴェーデンがソウル市立響の音楽監督に

  12. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  13. テルアビブ発 〓 若手歌手のための「オペラリア 2020」が中止を発表

  14. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が次期音楽監督にダン・エッティンガー

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。