ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

2021/05/12
【最終更新日】2021/05/24

ドイツ・オペラ界の雄ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場することになった。PCR検査の証明書が必要で、入場者数も劇場の収容人数の3分の1という条件付ながら脱コロナの第一歩となる。

初日13日にはワーグナー《ワルキューレ》の第1幕が上演。ヨナス・カウフマン、リーゼ・ダヴィドセン、ゲオルク・ツェッペンフェルトが出演する豪華版。バイエルン州立オペラではその後、5月23日にアリベルト・ライマンのオペラ《リア王》を上演する。

《リア王》は新制作のプロダクションで、新演出を手掛けるのはクリストフ・マルターラー。クリスティアン・ゲルハーヘル、アンゲラ・デノケが出演、指揮はユッカ=ペッカ・サラステ。30日には歌劇場のホームページでストリーミング配信される。

写真:Bayerische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが昨年秋公開の《魔笛》をストリーミング

  2. 訃報 〓 カジミエシュ・コルト, ポーランドの指揮者

  3. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  4. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  5. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  6. 訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

  7. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  8. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  10. 訃報 〓 斎藤雅広, 日本のピアニスト

  11. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  12. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  14. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。