ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

2021/11/13

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)のピーター・ゲルブ総裁がワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作を新制作することを明らかにした。米国の日刊紙「ニューヨーク・タイムズ」の取材に答えたもの。

それによると、《ラインの黄金》、《ジークフリート》、《ワルキューレ》、《神々の黄昏》の連作4部作を新制作する「チクルス」は2025年から上演をスタート、2026/2027シーズンの終わりまでに4作品を上演する。

演出を手掛けるのは英国の演出家リチャード・ジョーンズ。ジョーンズは現在、イングリッシュ・ナショナル・オペラで2025年に終了する新制作の「チクルス」を手掛けており、新制作第1弾となる《ワルキューレ》が11月19日に初日を迎える。

ゲルブによれば、当初はベルリン・ドイツ・オペラが現在展開中のシュテファン・ヘアハイムの新演出による「チクルス」の上演を模索したが、契約の関係で実現できなかったという。ベルリン・ドイツ・オペラ側は今年6月の記者会見でそれを明らかにしている。

メトロポリタン歌劇場の現行の「チクルス」は、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の演出などで知られるロベール・ルパージュが演出を手掛けたもの。2010年にまず《ラインの黄金》が登場、2012年までに4部作が出揃い、2019年まで上演が行われてきた。

写真:Metropolitan Opera / Ken Howard


関連記事

  1. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  2. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  3. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  4. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  5. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  7. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  8. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  9. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  11. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管がハイティンクの追悼コンサート

  12. シカゴ発 〓 シカゴ・リリック・オペラも2020/2021シーズン全体をキャンセル

  13. ロンドン発 〓 ギルドホール音楽演劇学校が休校、教員に感染者

  14. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  15. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。