バレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿の次期音楽監督にジェームズ・ガフィガン

2021/06/30

スペイン・バレンシアのソフィア王妃芸術宮殿(Palau de les Arts Reina Sofia)が次期音楽監督にジェームズ・ガフィガン(James Gaffigan)を迎えると発表した。任期は2021/2022シーズンから4年。

芸術宮殿では2018年、オーケストラ・メンバーによる投票で、共同音楽監督を務めているファビオ・ビオンディ、ロベルト・アバドが不信任されて以来、音楽監督のポストは空席になっていた。

ガフィガンはニューヨーク生まれの42歳。ニューイングランド音楽院、ヒューストンのシェパード音楽学校で学んで指揮者デビュー。2011/2012シーズンから昨シーズンまでスイスのルツェルン交響楽団の首席指揮者を務めていた。

写真:Chicago Symphony Orchestra


関連記事

  1. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  2. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  3. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  4. 訃報 〓 辻久子, 日本のヴァイオリン奏者

  5. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  6. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  7. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  8. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  9. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  10. ロンドン発 〓 ロイヤル・バレエのリアム・スカーレットにセクハラ疑惑?

  11. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  12. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  13. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  15. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。