ウィーン発 〓 カウフマンがフランスのレジオンドヌール勲章コマンドゥール章を受章

2024/01/14

スター・テノール歌手のヨナウス・カウフマン(Jonas Kaufmann)に対し、フランスの「レジオンドヌール勲章=L’ordre national de la légion d’honneur」のコマンドゥール章が授与された。ウィーンの駐オーストリア・フランス大使館でジル・ペクー大使から伝達された。

「レジオン・ドヌール」は統領政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの最高勲章で、カウフマンは2011年にシュヴァリ章、2018年にオフィシエ章を受章、今回はその上のコマンドール章が授与された。

カウフマンは1969年、ミュンヘン生まれの54歳。ミュンヘン音楽・演劇大学で声楽を学び、1994年にザールブリュッケン州立劇場でプロ・デビュー。2001年にはチューリッヒ歌劇場の専属歌手となって数多くのオペラに出演を重ねた。

その後、スター・ソプラノのアンジェラ・ゲオルギューがロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスやニューヨークのメトロポリタン歌劇場の公演で、まだ無名だったカウフマンを相手役に指名したことで注目を集め、その後の国際的活躍に繋がった。

テノール歌手ながらバリトン歌手を思わせる太く暗い声を持ち、強弱や緩急、フレージングのコントロールに長けていることから、キャラクターの表現力では群を抜いており、現代屈指の演技派としても知られる。一方で、若い頃に声のトラブルに見舞われた経験から、具合が良くない時は歌わない、という主義を貫いており、そのためにキャンセルも多い。

写真:Olivia Renaud


関連記事

  1. エーテボリ発 〓 エーテボリ交響楽団が首席客演指揮者にバーバラ・ハンニガン

  2. ミュンヘン発 〓 ラトルが新ホール建設求め、バイエルン州の音楽家たちと「フラッシュモブ」

  3. ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

  4. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはカザフスタンのアリム・バイゼンバエフが優勝、小林海都が2位に

  5. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が新シーズンの開幕に先立ち、「9.11同時多発テロ」犠牲者追悼コンサート

  7. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  8. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  9. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

  10. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

  13. バルセロナ発 〓 バルセロナ響の次期音楽監督にルドヴィク・モルロー、大野和士の後任

  14. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  15. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。