ウィーン発 〓 カウフマンがフランスのレジオンドヌール勲章コマンドゥール章を受章

2024/01/14

スター・テノール歌手のヨナウス・カウフマン(Jonas Kaufmann)に対し、フランスの「レジオンドヌール勲章=L’ordre national de la légion d’honneur」のコマンドゥール章が授与された。ウィーンの駐オーストリア・フランス大使館でジル・ペクー大使から伝達された。

「レジオン・ドヌール」は統領政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの最高勲章で、カウフマンは2011年にシュヴァリ章、2018年にオフィシエ章を受章、今回はその上のコマンドール章が授与された。

カウフマンは1969年、ミュンヘン生まれの54歳。ミュンヘン音楽・演劇大学で声楽を学び、1994年にザールブリュッケン州立劇場でプロ・デビュー。2001年にはチューリッヒ歌劇場の専属歌手となって数多くのオペラに出演を重ねた。

その後、スター・ソプラノのアンジェラ・ゲオルギューがロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスやニューヨークのメトロポリタン歌劇場の公演で、まだ無名だったカウフマンを相手役に指名したことで注目を集め、その後の国際的活躍に繋がった。

テノール歌手ながらバリトン歌手を思わせる太く暗い声を持ち、強弱や緩急、フレージングのコントロールに長けていることから、キャラクターの表現力では群を抜いており、現代屈指の演技派としても知られる。一方で、若い頃に声のトラブルに見舞われた経験から、具合が良くない時は歌わない、という主義を貫いており、そのためにキャンセルも多い。

写真:Olivia Renaud


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  2. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が芸術監督のマルクス・ヒンターホイザーとの契約を延長

  4. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  5. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  6. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  7. 訃報 〓 ラドゥ・ルプー(76)ルーマニア出身のピアニスト

  8. プラハ発 〓 ラトルがチェコ・フィルの首席客演指揮者に

  9. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  11. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  12. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  13. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  14. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  15. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。