リエージュ発 〓 ベルギーのワロン王立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/22

ベルギーのワロン王立オペラ(Opéra Royal de Wallonie-Liège)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。ワロン王立オペラはフランス語圏のリエージュの王立劇場を拠点とするオペラ・カンパニーで、2017/2018シーズンからスペランツァ・スカップッチが音楽監督を務めている。

9月16 – 10月1日
ヴェルディ《運命の力》= 新制作
[出演]マルセロ・アルバレス / マリア・ホセ・シーリ / シモーネ・ピアッツォーラ / ミケーレ・ペルトゥージ / エンリコ・マラベッリ / ニーノ・スルグラーゼ
[指揮]パオロ・アッリヴァベーニ
[演出]ジャンニ・サントゥッチ

10月22 – 30日
チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》= 新制作
[出演]ルザン・マンタシャン / アレクセイ・ドルゴフ / イルダル・アブドラザコフ / ヴァシリー・ラデュク
[指揮]スペランツァ・スカップッチ
[演出]Éric Vigié

11月19 – 30日
ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》
[出演]ズザンナ・マルコヴァ / ジュリアン・ベーア / リオネル・ローテ / ルーカ・ダッラミーコ
[指揮]スペランツァ・スカップッチ
[演出]ステファノ・マッツォニス・ディ・プララフェラ

12月19 – 31日
ロッシーニ《オテロ、あるいはヴェネツィアのムーア人》= 新制作
[出演]サロメ・ジーチャ / マクシム・メルニーク / マキシム・ミロノフ / ピエール・デルエ / ジュリー・ベイリー / ルーカ・ダッラミーコ / セルゲイ・ ロマノフスキー
[指揮]ジャンルイジ・ジェルメッティ
[演出]エミリオ・サージ

2022年1月26 – 2月6日
ジョルダーノ《マリアの月》&プッチーニ《修道女アンジェリカ》= 新制作
[出演]セレーナ・ファルノッキア / ヴィオレッタ・ウルマーナ / サラ・ローラン / オロール・ビュホー / ジュリー・ベイリー / モルガーヌ・ハイゼ / ナターシャ・コワルスキー /  パトリック・デルクール
[指揮]オクサーナ・リーニフ
[演出]ララ・サンソン

3月3 – 13日
ヴェルディ《リゴレット》= 新制作
[出演]Maria Mudryak / フランチェスコ・デムーロ / カルロス・アルバレス / ルベン・アモレッティ / サラ・ローラン
[指揮]ダニエル・オーレン
[演出]ジョン・タトゥーロ

4月1日 – 9日
トマ《ミニョン》= 新制作
[出演]ステファニー・ドゥストラック / フィリップ・タルボ / ジョディー・デヴォス / ジャン・テジャン / Geoffrey Degives / ジェレミー・デュファ / ロジャー・ヨアキム
[指揮]フレデリック・シャスラン
[演出]ヴァンサン・ブサール

5月13 – 21日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[出演]マリア・グラツィア・スキアーヴォ / ホセ・マリア・ロー・モナコ / ローラン・クブラ / ダヴィデ・ルチアーノ / マキシム・ミロノフ / サラ・デフリース / ピエール・ドワイエン
[指揮]クリストフ・ルセ / アイルトン・デシンペライア
[演出]ジャコ・ヴァン・ドルマル

6月17 – 25日
ヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》= 新制作
[出演]フェデリカ・ロンバルディ / リッカルド・ザネッラート / マルク・ ラホ  / リオネル・ローテ /  ロジャー・ヨアキム / ジョルジュ・ペテアン
[指揮]スペランツァ・スカップッチ
[演出]ローレンス・デール

写真:Opéra Royal de Wallonie-Liège / Van der Valk Hotel Liège


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  3. ヘルシンキ発 〓 ヘルシンキ・フィルの次期首席指揮者にユッカ=ペッカ・サラステ

  4. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  5. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  6. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン(78)作曲家

  7. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  8. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  9. 訃報 〓 スティーヴン・ソンドハイム(91)アメリカの作曲家・作詞家

  10. 訃報 〓 イェルク・デームス(90)オーストリアのピアニスト

  11. ウィーン発 〓 ポリーニが10ヵ月ぶりに現場復帰

  12. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」は2023年もネルソンス

  13. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  14. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  15. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。