ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

2021/06/21

スロヴァキアのテノール歌手パーヴォル・ブレスリク(Pavol Breslik)にバイエルン州から「宮廷歌手」の称号が贈られた。20日にバイエルン州立歌劇場で行われたモーツァルト《後宮からの逃走》の公演の後に伝達された。

ブレスリクはキスケー・ ノヴェー・メスト生まれの42歳。バンスカー・ビストリツァ芸術大学で学んだ後、フランスに留学、マルセイユのオペラ・スタジオで研鑽を積み、ベルリン州立歌劇場(2003-2006)、チューリッヒ歌劇場(2012-2017)の専属歌手として経験を積んだ。

バイエルン州立歌劇場には2006年に《魔笛》のタミーノ役でデビューして以来、出演回数は180夜を超えるという。2014年の《ルクレツィア・ボルジア》、2015年のドニゼッティ《ルチア》、2018年の《売られた花嫁》、2019年《サロメ》など、新制作のプロダクションへの出演も多い。

バイエルン州の「宮廷歌手」の称号は1955年の創設で、優れた芸術的功績を讃えるもの。これまでに130人以上が受賞、最近では、2020年9月にアレックス・エスポージト(Alex Esposito)に贈られている。

写真:Bayerische Staatsoper / Wilfried Hösl


関連記事

  1. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  3. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  4. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  5. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  6. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  7. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  8. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  9. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  10. トビリシ発 〓 ヴァイオリンのバティアシュヴィリが母国ジョージアに若い音楽家を支援するための財団を設立

  11. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  13. 訃報 〓 ケルスティン・マイヤー, スウェーデンのメゾ・ソプラノ歌手

  14. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。