訃報 〓 アンソニー・ペイン, 英国の作曲家

2021/05/16

英国の作曲家アンソニー・ペイン(Anthony Payne)が4月30日に亡くなった。84歳だった。妻で歌手だったジェーン・マニングを1ヵ月前に亡くしたばかり。ヴォーン・ウィリアムズ、ディーリアス、エルガーといった20世紀初頭の作曲家の流れを汲み、現代的な音楽との融合を模索。遺された草稿を元にエルガーの交響曲第3番を「ペイン推敲版」として完成させたことでも知られる。

ロンドン生まれ。幼い頃から作曲に関心を示し、ロンドン南東部のダリッジ大学、ダラム大学で学んだ。しかし、1961年に卒業した後、しばらく神経衰弱に苦しんで作曲を断念する。1965年から作曲に復帰、1966年にはソプラノ歌手のジェーン・マニングと結婚。1972年に完成させた《フェニックス・ミサ》で新進作曲家として注目を集めた。

その後、複数の有力な楽団から新作の委嘱を受けるようになり、多くの作品がロンドンの夏の音楽祭「プロムス」で初演されるようになる。1988年、マニングとアンサンブル「ジェーンズ・ミンストレルズ」を設立。以後、アンサンブルに対して《風と雨の交響曲》といった作品を提供している。

その頃から1934年に死去したエルガーが書き残したスケッチを元に第3交響曲の補筆作業をスタート。1993年からは遺族の承認も得て、1998年の初演にこぎ着けた。エルガーについてはその後も、未完に終わった行進曲《威風堂々》第6番も完成させ、2006年の「プロムス」で初演された。

その後も創作活動は衰えず、2010年に完成させた弦楽四重奏曲第2番は2011年の英国作曲家賞の室内楽部門を授賞。また、作曲家としての活動の一方、文筆活動でも知られ、シェーンベルクやブリッジに関する著作の他、「デイリー・テレグラフ」や「インデペンデント」などの日刊紙での音楽批評でも知られている。

写真:composers edition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  2. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  3. ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィル、6月はネルソンスとどっぷり、ヨーロッパ・ツアー、サマー・ナイト・コンサートも

  5. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  6. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  7. ロンドン発 〓 「BBCミュージック・マガジン」年次賞のノミネート・アルバム決まる

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  9. ブリスベーン発 〓 オペラ・オーストラリアが《ニーベルングの指環》の新制作を延期、新型コロナの感染拡大受けて

  10. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  11. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  12. 訃報 〓 ユーリ・アルペルテン, エストニアの指揮者

  13. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  14. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  15. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。