ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

2021/06/21

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)が次期音楽監督に指揮者のミケーレ・マリオッティ(Michele Mariotti)を迎えると発表した。2021年12月で契約を終了するダニエレ・ガッティの後任で、任期は2022年11月から4年間。

マリオッティはペーザロに近いウルビーノ生まれの41歳。ペーザロのロッシーニ音楽院で作曲を学び、2005年にサレルノ・ヴェルディ劇場でロッシーニ《セビリアの理髪師》を指揮してオペラ指揮者としてデビューした。

その後、2008年から2018年にかけ、ガッティの後を受けてボローニャ歌劇場の音楽監督を務めた。妻はロシア出身のソプラノ歌手オルガ・ペレチャッコ。

写真:Teatro Comunale di Bologna


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  2. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  5. 訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

  6. バニング発 〓 アナログ・レコード人気に打撃、ラッカー盤製造メーカーの工場が全焼

  7. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第7週のラインナップ発表

  9. 訃報 〓 ジェーン・マニング, 英国のソプラノ歌手

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  11. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  12. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  13. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  14. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  15. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが公開書簡でメトロポリタン歌劇場経営陣に苦言

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。