ストックホルム発 〓 ソプラノ歌手のコルネリア・ベスコフに2022年の「ビルギット・ニルソン奨学金」

2022/04/21

ビルギット・ニルソン財団が21日、2022年の「ビルギット・ニルソン奨学金」をスウェーデンのソプラノ歌手コルネリア・ベスコフ(Cornelia Beskow)に贈ると発表した。奨学金は20万スウェーデン・クローネ(約272万円)で、8月12日に開催される「Birgit Nilsson Day」で授与される。

奨学金はスウェーデンが生んだ世界的なソプラノ歌手で2005年に亡くなったニルソンが自ら設立した財団が設けているもので、これまでの受賞者にはニーナ・シュテンメ、アンナ・ラーション、マリン・ビストレムといった、国際的に活躍するスウェーデンの後輩歌手たちが名を連ねている。

ベスコフは1986年、首都ストックホルム生まれの35歳。コペンハーゲン・オペラ・アカデミーとストックホルム芸術大学で学んだ後、2015年にスウェーデン王立歌劇場にモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・エルヴィーラ役でデビュー、2020年にウィーン国立歌劇場のワーグナー《ローエングリン》でエルザを歌い、国際デビューを飾った。

財団はまた、2009年から音楽界で顕著な功績を挙げているアーティスト、団体に対して「ビルギット・ニルソン賞」も授与している。賞金が音楽賞としては世界最高の100万ドル(約1300万円)で、こちらは5月17日に発表される。第1回のプラシド・ドミンゴの他、指揮者のリッカルド・ムーティ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、シュテンメらが受賞している。

写真:Kungliga Operan


関連記事

  1. 東京発 〓 ドミンゴとカレーラスが来年1月、日本で「三大テノール」偲んで「パヴァロッティに捧げるコンサート」

  2. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  3. オスロ発 〓 音楽監督のクラウス・マケラがチェロ奏者としてオーケストラと共演

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが新シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  6. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス(90)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  7. ニューヨーク発 〓 テノール歌手のステファン・グールドが胆管がんとの闘病を告白

  8. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  10. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  11. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルが首席客演指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場がファン・ディエゴ・フローレスの降板でライブ・ストリーミングを中止

  13. ハンブルク発 〓 州立歌劇場の次期芸術監督に演出家のトビアス・クラッツァー

  14. 浜松発 〓 国際ピアノアカデミー、4年ぶりに再開

  15. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。