ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

2021/06/09

ピアニストの内田光子(Mitsuko Uchida)に6月2日、ロンドンのウィグモア・ホール (Wigmore Hall) からホールへの長年の貢献に対し、「ウィグモア・ホール・メダル」が授与された。過去の受賞者にはアンドラーシュ・シフ、アンジェラ・ヒューイット、クリスティアン・ゲルハーヘル、スティーヴン・イッサーリス、フェリシティ・ロットたちがいる。

内田は静岡県熱海市生まれの72歳。父親が外交官だったことから12歳で渡欧、1961年からオーストリアのウィーン音楽院でリヒャルト・ハウザーに師事した。その後も、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリやヴィルヘルム・ケンプ、ニキタ・マガロフといった巨匠たちから薫陶を受けた。

ウィグモア・ホールにデビューしたのは1971年。前年のショパン国際ピアノ・コンクールで日本人歴代最高位である第2位に入賞、その才能に注目が集まっていた。1972年にはイギリスに拠点を移してヨーロッパを中心に活動をスタート。しかし、活動の場は広がらず、日本でも知名度が低かったことから不遇な時代をおくった。

そんな状況を一変させたのが、ウィグモア・ホールで1982年にスタートさせたモーツァルトのピアノ・ソナタ連続演奏会。これがロンドンの批評家から絶賛を浴びた。その後のイギリス室内管弦楽団を自ら指揮するモーツァルトのピアノ協奏曲の全曲演奏会も大成功。その全曲録音も実現し、名実ともに国際的な名声を確立した。

今年で開場120周年を迎えるホールは5月17日、コロナ禍を乗り越えて再開場を果たした。内田にとって飛躍の場となったホールとの関係は、デビューから50年という節目。メダルは2日に行われた内田のリサイタルの後、ホールのパトロンであるケント公爵エドワード王子より授与されたという。

写真:Wigmore Hall


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  2. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  3. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  4. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  5. ストックホルム発 〓 スウェーデン王立オペラが演奏会形式の《トスカ》を収録、ストリーミング

  6. 訃報 〓 アレクサンドル・ブズロフ, ロシアのチェロ奏者

  7. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  8. 北九州 〓 ウィーン・フィルの日本ツアーがスタート

  9. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  10. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  11. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  12. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  13. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  14. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  15. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。