ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

2021/06/09

ピアニストの内田光子(Mitsuko Uchida)に6月2日、ロンドンのウィグモア・ホール (Wigmore Hall) からホールへの長年の貢献に対し、「ウィグモア・ホール・メダル」が授与された。過去の受賞者にはアンドラーシュ・シフ、アンジェラ・ヒューイット、クリスティアン・ゲルハーヘル、スティーヴン・イッサーリス、フェリシティ・ロットたちがいる。

内田は静岡県熱海市生まれの72歳。父親が外交官だったことから12歳で渡欧、1961年からオーストリアのウィーン音楽院でリヒャルト・ハウザーに師事した。その後も、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリやヴィルヘルム・ケンプ、ニキタ・マガロフといった巨匠たちから薫陶を受けた。

ウィグモア・ホールにデビューしたのは1971年。前年のショパン国際ピアノ・コンクールで日本人歴代最高位である第2位に入賞、その才能に注目が集まっていた。1972年にはイギリスに拠点を移してヨーロッパを中心に活動をスタート。しかし、活動の場は広がらず、日本でも知名度が低かったことから不遇な時代をおくった。

そんな状況を一変させたのが、ウィグモア・ホールで1982年にスタートさせたモーツァルトのピアノ・ソナタ連続演奏会。これがロンドンの批評家から絶賛を浴びた。その後のイギリス室内管弦楽団を自ら指揮するモーツァルトのピアノ協奏曲の全曲演奏会も大成功。その全曲録音も実現し、名実ともに国際的な名声を確立した。

今年で開場120周年を迎えるホールは5月17日、コロナ禍を乗り越えて再開場を果たした。内田にとって飛躍の場となったホールとの関係は、デビューから50年という節目。メダルは2日に行われた内田のリサイタルの後、ホールのパトロンであるケント公爵エドワード王子より授与されたという。

写真:Wigmore Hall


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 アレクサンダー・トラーゼ(69)ジョージア出身のピアニスト

  2. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  3. レイキャビック発 〓 アイスランド響の首席指揮者兼芸術監督にソプラノ歌手、指揮者として活躍するバーバラ・ハンニガン

  4. ロンドン発 〓 ロンドン響に二人の新しいコンサートマスター

  5. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  6. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  7. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭は開催へ

  8. サンディエゴ発 〓 サンディエゴ交響楽団の新しい本拠地「レイディ・シェル」がオープン

  9. フランクフルト発 〓 市立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発、新制作が11も

  10. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  11. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ハンブルク発 〓 ハンナ・チャンがハンブルク響の首席客演指揮者に

  13. ソウル発 〓 空席だったKBS交響楽団の首席指揮者にピエタリ・インキネン

  14. 東京発 〓 クラシック音楽の専門誌「レコード芸術」が7月号で休刊、70年超の歴史に幕

  15. 訃報 〓 パヴレ・デシュパイ(87)クロアチアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。