ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場の次期芸術監督にグラーツ歌劇場のノラ・シュミット

2021/06/09

ザクセン州政府が州立歌劇場(ゼンパーオパー)の次期芸術監督にオーストリア・グラーツ歌劇場の芸術監督ノラ・シュミット(Nora Schmid)を迎える、ことを決めた。バルバラ・クレプシュ(Barbara Klepsch)社会・消費者保護大臣が発表した。2023/24シーズンを最後に退任するペーター・タイラーの後任で、任期は2024/2025シーズンから。

シュミットはスイス・ベルン生まれの42歳。ザクセン州立歌劇場では2010/2011シーズンからグラーツへ転出した2015/16 シーズンまでウルリケ・へスラー芸術監督の下で主任ドラマトゥルクなどを務めており、古巣に復帰する格好。グラーツは2022/2023シーズンを最後に退任する。

クレプシュ大臣は2023/2024シーズンを最後に州立劇場の首脳陣を総入れ替えを既に表明しており、ザクセン州立歌劇場管弦楽団(ドレスデン・シュターツカペレ)の首席指揮者を務めるクリスティアン・ティーレマンの退任も決まっている。

写真:Semperoper Dresden / Daniel Koch


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  2. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  3. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  4. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  5. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  6. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  7. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  8. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  9. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  10. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  11. 訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

  12. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  13. 訃報 〓 マディ・メスプレ, フランスのソプラノ歌手

  14. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

  15. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。