ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2022シーズンのラインナップを発表

2021/01/02

カナリア諸島グラン・カナリア島ラス・パルマスを本拠地とする「オペラ・ラス・パルマス=Ópera de Las Palmas de Gran Canaria」が2022シーズンのラインナップを発表した。2022シーズンは2月に開幕、ペレス・ガルドス劇場を会場に毎月1作品を上演し、6月に閉幕する。ラインナップは以下の通り。

カナリア諸島はアフリカのモロッコから150kmの沖合にあるスペイン領の島々。グラン・カナリア島やテネリフェ島以下、7つの島で構成され、温暖な冬の気候からヨーロッパ有数の避寒リゾートとして人気を集める。

ラス・パルマスはグラン・カナリア島の中心地で、往年の名テノール歌手アルフレード・クラウスはこの街の生まれ。ラインナップは以下の通り。

2月23日 – 27日
ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
[演出]カルロ・アントニオ・デ・ルチア
[指揮]ジョルディ・ベルナセール
[出演]ムラート・カラハン / サイオア・エルナンデス / マッシモ・カヴァレッティ / ナンシー・ファビオラ・エレーラ / マヌエル・フエンテス / マヌエル・ガルシア / ノラ・カラスコ / ガブリエル・アルバレス


3月23日 – 27日
チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》
[演出]ジュリオ・チャバッティ
[指揮]ラモン・テバール
[出演]マリア・ホセ・シーリ / セルジオ・エスコバル / ヨンジュン・パク / インスン・シム / シルヴィア・トロ・サンタフェ / フランシスコ・コルーホ / マグダレーナ・パディッラ / アンドレア・ジェンス / フェルナンド・カンペーロ / イヴァン・フィゲイラ


4月18日 – 24日
ロッシーニ《チェネレントラ》
[演出]ラウル・バスケス
[指揮]ロレンツォ・パッセリーニ
[出演]ヴィクトリア・ ヤロヴァヤ / シャビエル・アンドゥアーガ / ミーシャ・キリア / フェルナンド・カンペーロ / クリスティーナ・デル・バリオ / ソフィア・エスパルザ  / アイザック・ガラン


5月18日 – 22日
マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》
[演出]カルロ・アントニオ・デ・ルチア
[指揮]カレル・マーク・チチョン
[出演]エカテリーナ・セメンチュク / セルジオ・エスコバル / ヨンジュン・パク / Abenauara Graffigna / アンドレア・ジェンス


6月15日 – 19日
ヴェルディ《マクベス》
[演出]フランチェスコ・イヴァン・チャンパ
[指揮]アルフォンソ・ロメロ
[出演]アマルトゥブシン・エンクバット / アンナ・ピロッツィ / マルコ・ミミカ / ララ・ファビアン / フランシスコ・コルーホ / アンドレア・ジェンス / イヴァン・フィゲイラ


写真:Ópera de Las Palmas de Gran Canaria


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座のマイヤー総裁が劇場パフォーマーへの迅速なワクチン接種を求める請願書

  2. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  3. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  4. バイロイト発 〓 「バイロイト・バロック」が復活!

  5. パリ発 〓 パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  7. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  8. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  9. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  11. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  12. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  13. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  14. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。