トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

2023/04/24

フランス・トゥールーズのキャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse)が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表した。上演されるのは新制作、再演を含めて7作品。

オペラのピットに入るトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団は昨年2月、音楽監督を務めていたトゥガン・ソヒエフがロシアのウクライナ武力侵攻に対する態度表明を求められて突然辞任。2024年9月からは22歳のフィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキを迎える。

ビゼー《真珠取り》= 新制作
9月26日 →
[演出]トマ・ルブラン・ミセ
[指揮]ヴィクトリアン・ヴァノステン
[出演]アンヌ=カトリーヌ・ジレ // マティアス・ヴィダル // アレクサンドル・デュアメル // ジャン=フェルナン・セッティ

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》= 新制作
11月24日 →
[演出]オリヴィエ・ピィ
[指揮]アンドリス・ポーガ
[出演]マティアス・ゲルネ // ヴィクトワール・ビュネル // Lila Dufy // Svetlana Lifar // マリウス・ブレンチウ // ミハイル・ティモシェンコ // ロベルト・スカンディウッツィ // アイラム・ヘルナンデス

リヒャルト・シュトラウス《影のない女》
2024年1月25日 →
[演出]ニコラ・ジョエル
[指揮]フランク・ベールマン
[出演]イサカー・サヴェージ // エリザベト・タイゲ // ソフィー・コッホ // ブライアン・マリガン // リカルダ・メルベート

モーツァルト《イドメネオ》
2月27日 →
[演出]宮城聰
[指揮]ミケーレ・スポッティ
[出演]マリー・ペルボー // イアン・コジアラ // シリル・デュボワ // アンドレア・ソアレ // ペトル・ネコラネク // クレジミール・スパイサー

ロッシーニ《チェネレントラ》
3月29日 →
[演出]バルブ&ドゥセー
[指揮]ミケーレ・スポッティ
[出演]アデーレ・シャルヴェ // レヴィー・セクガパーネ // フロリアン・センペイ // ニコラ・アライモ

ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》
5月17日 →
[演出]エリック・ルフ
[指揮]レオ・フセイン
[出演]マルク・モイヨン // ィクトワール・ビュネル // タシス・クリストヤニス // ヤニナ・ベヒレ // フランツ=ヨゼフ・ゼーリヒ

チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》= 新制作
6月20日 →
[演出]フローラン・シアウ
[指揮]ガボール・カリ
[出演]ステファン・ドゥグー // ヴァレンティーナ・フェデネヴァ // エヴァ・ザイチク // ブルール・マグヌス・トーデネス // アンドレアス・バウアー・カナバス

写真;Opéra national du Capitole


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  2. 訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

  3. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  4. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  5. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  6. 東京発 〓 新国立劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  8. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  11. ロンドン発 〓 ヘンデルの旧居が来年5月、リニューアル・オープン

  12. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  13. 訃報 〓 リブシェ・ドマニーンスカ(96)チェコのソプラノ歌手

  14. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  15. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。