ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

2020/04/27
【最終更新日】2020/04/28

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が創立記念日の5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」を例年通り行うことを発表した。

発表によると、公演は、オーケストラの編成を小さくし、本拠地フィルハーモニーで聴衆なしで行われ、それがテレビ、ラジオ、オーケストラのストリーミング・サービス「デジタル・コンサートホール」で流される仕組み。連邦政府のシュタインマイアー大統領が開会の辞を述べ、キリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)が指揮する。

プログラムは、アルヴォ・ペルトのフラトレス、リゲティのラミフィケーション、バーバーの弦楽のためのアダージョ、それにマーラーの交響曲第4番(エルヴィン・シュタイン編の室内アンサンブル版)。マーラーはソプラノのクリスティアーネ・カルクの共演。

「ヨーロッパ・コンサート」は1991年、ヘルベルト・フォン・カラヤンの後を受け継いだクラウディオ・アバドのアイデアで創設されたコンサート。毎年、ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物を巡りながら行われてきた。

新型コロナウイルスの感染拡大に苦しんできたヨーロッパの連帯を歌い上げげたいドイツ政府の思惑が背景にあるとみられるが、一方で政府は8月いっぱいスポーツ・イベントからコンサートまで含めてイベントの開催を禁じている。無観客とはいえ、政府主催のコンサートでその禁を破ることに異論が噴出しそうだ。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 オーストリア音楽劇場賞の受賞式が市庁舎で

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  3. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  4. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが新制作のプッチーニ《トスカ》をストリーミング配信

  5. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  6. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  7. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  8. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  10. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が《薔薇の騎士》を無料ストリーミング

  11. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ベルリン発 〓 バレンボイムが当面の演奏活動の休止を発表

  13. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  14. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  15. コペンハーゲン発 〓 コペンハーゲン・フィルの次期首席指揮者にクリストフ・ゲッショルト、上岡敏之の後任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。