オスロ発 〓 音楽監督のクラウス・マケラがチェロ奏者としてオーケストラと共演

2024/04/27

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団(Oslo-Filharmonien)が新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。その中で、音楽監督を務めるクラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)が6月の海外ツアー中にチェロ奏者として出演することが明らかになった。

演奏するのはブラームスの二重協奏曲で、ヴァイオリニストのダニエル・ロザコヴィッチとの共演。自らが指揮を担当する。マケラは2022/2023シーズンから、パリ管弦楽団の音楽監督、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のオーケストラの芸術パートナーを務めており、共演は6月3日にアムステルダム、4日にパリで実現する。

マケラは10代の頃、シベリウス音楽院でチェロをマルコ・ウルーネン、ティモ・ハンヒネン、ハンヌ・キースキに師事。指揮者に転身するまで、チェリストとして数々のオーケストラと共演を重ねた実績を持つ。

オスロ・フィルの新シーズンは、マケラによるショスタコーヴィチの交響曲チクルスをはじめとする意欲的なもの。オーケストラ・デビューする指揮者も、クリスティアン・マチェラル、マティアス・ピンチャー、ヨアナ・マルヴィッツ、マルタ・ガルドリンスカ、エルンスト・ファン・ティール、ドミトリー・マトヴィエンコ、マリー・ジャコー、ロベルト・ゴンザレス=モンハスと8人を数える。

写真:Orchestre de Paris


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

  2. カトヴィツェ発 〓 第2回「カロル・シマノフスキ国際音楽コンクール」がロシア音楽の演奏を禁止、発表に波紋広がる

  3. ニューヨーク発 〓 シティ・オペラの音楽監督兼首席指揮者にコンスタンチン・オルベリアン

  4. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・バレエ団の芸術監督にタマラ・ロホ

  5. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  6. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  7. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  8. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  9. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  10. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  11. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場で“ウクライナにおける特別軍事作戦”で死亡した兵士の遺族のためのチャリティー公演

  12. 東京発 〓 シュターツカペレ・ベルリンの日本ツアーで指揮者交代、バレンボイムの代役にティーレマン

  13. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  14. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。