東京発 〓 新国立劇場がオペラ部門の芸術監督を務める大野和士との契約を延長

2024/03/13
【最終更新日】2024/03/14

東京の新国立劇場(New National Theatre Tokyo)が13日、2026/2027シーズンからのオペラ部門の芸術監督について、現職の大野和士の再任が決定したと発表した。大野は2018年からその任にあり、今回の契約更改で任期は2030年8月31日まで4年延びる。

大野は東京生まれの64歳。東京芸術大学指揮科で学び、25歳で欧州に渡り、1987年の「アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクール」で優勝。1988年からクロアチアのザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任した。

その後、ドイツのカールスルーエ・バーデン州立オペラの音楽総監督(1996-2002)、ベルギーの王立モネ劇場の音楽監督(2002-2008)、フランスのリヨン国立オペラ首席指揮者(2008ー2017)、バルセロナ交響楽団の音楽監督(2015ー2022)を歴任。また、2022年からはベルギーのブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めている。

一方、日本国内では、東京フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者(1992ー2001)を務め、2015年からは東京都交響楽団の音楽監督を務めている。

写真:New National Theatre Tokyo


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  2. ニース発 〓 ニース・フィルの首席指揮者にリオネル・ブランギエ

  3. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  5. マドリード発 〓 トマス・ダウスゴーがスペインのRTVE響の首席客演指揮者に

  6. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  7. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  8. 訃報 〓 ラルス・フォークト(51)ドイツのピアニスト

  9. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  10. ロンドン発 〓 ロンドン響に二人の新しいコンサートマスター

  11. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ(97)セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  12. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ(56)イタリアのテノール歌手

  13. ウィーン発 〓 ウィーン響の首席客演指揮者にフランスの若手マリー・ジャコー

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  15. パリ発 〓 パリ国立オペラもコロナ禍で公演が立て続けに上演中止に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。