ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

2019/02/06

ベルリンにある7つのオーケストラが3月24日、「多様性のためのコンサート – 開かれた社会のためのコンサート」をテーマに合同演奏会を行うことになった。参加するのは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・シュターツカペレ、ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送交響楽団、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団、コーミッシェ・オーパー管弦楽団。ベルリンの7つのオーケストラが合同演奏会を行うのは史上初という。会場はコンツェルトハウス(旧・シャウシュピールハウス)で、マリー・ジャコー(Marie Jacquot)が合同オーケストラを指揮する。司会はベルリン育ちの俳優マティアス・ブラント。マティアスは東西冷戦時に西ベルリン市長、西ドイツ首相を務めた故ヴィリー・ブラントの三男。

写真:Konzerthaus Berlin / Sebastian Runge


関連記事

  1. 訃報 〓 ヴァイオリンのヴァンダ・ヴィウコミルスカ

  2. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  3. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 グバイドゥーリナの曲をさしかえ

  4. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  5. 上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

  6. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  8. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  9. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  10. 訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

  11. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  12. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  13. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  14. ウィーン発 〓 コニエチュニーに「宮廷歌手」の称号

  15. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。