ミラノ発 〓 クリスティアン・ティーレマンが代役で久々にスカラ・フィルの指揮台に

2021/11/14

クリスティアン・ティーレマンが(Christian Thielemann)が1993年以来なんと28年ぶりにミラノ・スカラ座のオーケストラ、スカラ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会の指揮台に立つことになった。

元々のスケジュールではなく、エサ=ペッカ・サロネンの代役としての登板。11月25日、26日、27日の演奏会を指揮する。

プログラムも変わり、カミラ・ニールンドをソリストに迎えたリヒャルト・シュトラウスの《4つの最後の歌》とブラームスの交響曲第4番に変更された。

写真:Staatskapelle Dresden / Matthias_Creutziger


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が無料のストリーミング配信再開、劇場閉鎖に合わせて

  2. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  3. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  4. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  5. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  6. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  7. ブルノ発 〓 ブルノ国民劇場がヤナーチェクのオペラ《運命》をライブ・ストリーミング

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  10. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  11. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  12. トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

  13. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  14. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  15. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。