ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/04
【最終更新日】2020/03/05

ゼンパー・オパーとして知られるザクセン州立歌劇場(Saxony State Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の7作品。

再演される作品の中で目を惹くのは、ヴィリー・デッカー演出のワーグナー《ニーベルングの指環》。四部作の通し上演が2021年1月末からスタートする。

ラインの黄金(1月29日・2月7日)、ワルキューレ(1月30日・2月8日)、ジークフリート(2月1日・10日)、神々の黄昏(2月3日・12日)というスケジュールで、指揮は首席指揮者を務めるクリスティアン・ティーレマン。

ロッシーニ《ウイリアム・テル》
9月27日 →
演出:ゲオルク・シュミードライトナー
指揮:ジャンパオロ・ビサンティ
出演:クリストフ・ポール / ミハル・ドロン / マイケル・スパイレス / ヴェネラ・ギマディエヴァ / アレキサンドロス・スタヴラカキス / ゲオルク・ツェッペンフェルト


モーツァルト《魔笛》
11月1日 →
演出:ヨーゼフ・エルンスト・ケップリンガー
指揮:オメール・メイア・ヴェルバー / エヴァン・ロジスター / ジョナサン・ダーリントン / ミヒャエル・バルケ / ミケーレ・ガンバ / ガボール・ガボール・カリ
出演:ルネ・パーペ / ゲオルク・ツェッペンフェルト / アレキサンドロス・スタヴラカキス / 二コラ・ヒレブランド / ユリア・シトコヴェツキー:トゥーリ・タカラ / ソフィア・フォミナ:セバスティアン・コールヘップ / ジョセフ・デニス / マルティン・ミッタールッツナー:Sebastian Wartig /  Bernhard Hansky


マンフレート・ヴァイス《ブルース・ブラザース》
2021年1月21日 →
演出:ティモ・デントラー
指揮:Max Renne
出演:アーロン・ペグラム / シメオン・エスパー


モンテヴェルディ《オルフェオ》
2021年3月26日 →
演出:ニコラウス・ハブヤン
指揮:ヴォルフガング・カチュナー
出演:ローランド・ビリャソン / ユリア・マリア・ダン / 谷口まりや / ステパンカ・プカルコヴァ / ミハル・ドロン


アリベルト・ライマン《幽霊ソナタ》
2021年4月17日 →
演出:Stefan Hunstein
指揮:ペトル・ポペルカ
出演:ユルゲン・ミュラー / ユリア・ムジチェンコ / ジェラルド・フパーフ / ドウカン・クラン / アンジェラ・リーボルト / ザビーネ・ブローム


リヒャルト・シュトラウス《カプリッチョ》
2021年5月8日 →
演出:イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
指揮:クリスティアン・ティーレマン
出演:クラッシミラ・ストヤノヴァ / クリストフ・ポール / ダニエル・ベーレ / ニコライ・ボルチェフ / ゲオルク・ツェッペンフェルト / クリスタ・ マイヤー


プッチーニ《トゥーランドット》
2021年7月3日 →
演出:Marie-Eve Signeyrole
指揮:イヴァン・レプシッチ
出演:リーゼ・リンドストローム / ジェラルド・フパーフ / アレキサンドロス・スタヴラカキス / リッカルド・マッシ / フラチュヒ・バセンツ


写真:Semperoper Dresden


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  2. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  4. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  5. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  6. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  7. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  8. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  9. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  10. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  11. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  12. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  14. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  15. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。