金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

2022/01/13

石川県金沢市を本拠地とするオーケストラ・アンサンブル金沢(Orchestra Ensemble Kanazawa)が新設のアーティスティック・リーダーに指揮者の広上淳一を迎えると発表した。任期は2022年9月1日から。広上は2022年3月で、2008年からその任にある京都市交響楽団の常任指揮者を退任することが決まっている。

アーティスティック・リーダーは現在の芸術監督に代えて新設されるポストで、現在の芸術監督マルク・ミンコフスキは2022年7月末で退任する。広上は2003年の初共演以来、オーケストラ・アンサンブル金沢には20回客演しており、アーティスティック・リーダー就任に先立ち、2022年4月1日よりアドバイザーとして新シーズンのプログラム作成に携わるという。

広上は1958年、東京生まれの63歳。東京音楽大学卒業後、1984年の第1回「キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクール」で優勝。その後、スウェーデンのノールショピング交響楽団の首席指揮者(1991-1995)、日本フィルハーモニー交響楽団の正指揮者(1991-2000、米国のコロンバス交響楽団の音楽監督(2006-2008)などを歴任してきた。

写真:AMATI


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  2. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  3. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ(88)イタリアのテノール歌手

  4. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  5. シカゴ発 〓 指揮者のマリン・オールソップがラヴィニア音楽祭との契約を延長

  6. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  7. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  8. カトヴィツェ発 〓 ヨーロッパ最大のパイプ・オルガンが誕生、エサ=ペッカ・サロネンが自作のオルガン曲で祝福

  9. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  10. エーテボリ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2024/2025シーズンでエーテボリ響の首席指揮者を退任

  11. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  12. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  13. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  15. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。