金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

2022/01/13

石川県金沢市を本拠地とするオーケストラ・アンサンブル金沢(Orchestra Ensemble Kanazawa)が新設のアーティスティック・リーダーに指揮者の広上淳一を迎えると発表した。任期は2022年9月1日から。広上は2022年3月で、2008年からその任にある京都市交響楽団の常任指揮者を退任することが決まっている。

アーティスティック・リーダーは現在の芸術監督に代えて新設されるポストで、現在の芸術監督マルク・ミンコフスキは2022年7月末で退任する。広上は2003年の初共演以来、オーケストラ・アンサンブル金沢には20回客演しており、アーティスティック・リーダー就任に先立ち、2022年4月1日よりアドバイザーとして新シーズンのプログラム作成に携わるという。

広上は1958年、東京生まれの63歳。東京音楽大学卒業後、1984年の第1回「キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクール」で優勝。その後、スウェーデンのノールショピング交響楽団の首席指揮者(1991-1995)、日本フィルハーモニー交響楽団の正指揮者(1991-2000、米国のコロンバス交響楽団の音楽監督(2006-2008)などを歴任してきた。

写真:AMATI


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  3. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  5. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2020/2021シーズンをキャンセル、178年で初

  6. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  8. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  9. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  10. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭は開催へ

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  12. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  14. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  15. 訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン, ドイツの指揮者・オーボエ奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。