ベルゲン発 〓 ペトレンコ、ベルゲン・フィルのコンサートを「深刻な健康問題」でキャンセル

2023/12/18

指揮者のキリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)が12月13日と15日に予定されたノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団への客演をキャンセルした。オーケストラによると、キャンセルの理由は「予期せぬ深刻な健康上の問題」。12日にベルゲン入りしたペトレンコはリハーサル開始の数時間前に体調の異常を訴えたという。

キリル・ペトレンコが指揮する予定だったのは、コンサート形式のリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》。主人公のエレクトラにイレーネ・テオリンを起用した公演で、代役はオーケストラの首席指揮者を務めているエドワード・ガードナーが務めた。

ペトレンコはベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽監督(2002ー2007)、バイエルン州立歌劇場の音楽総監督(2013–2020)を経て、2019年からサイモン・ラトルの後任として“天下の”ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・音楽監督を務めていることはご承知のとおり。

写真:Digital Concert Hall / Monika Rittershaus


関連記事

  1. モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

  2. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  3. ハノーファー発 〓 名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」がヨアナ・マルヴィッツと契約、女性指揮者は二人目

  4. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  6. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ(56)イタリアのテノール歌手

  7. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  8. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  9. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  10. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  11. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  12. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の次期芸術総監督にベルリン州立オペラのマティアス・シュルツ

  13. プラハ発 〓 チェコ・フィルが聴衆なしのコンサートをストリーミング配信

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  15. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。