訃報 〓 ジェームズ・レヴァイン(77)米国の指揮者

2021/03/18
【最終更新日】2023/02/06

米国の指揮者ジェームズ・レヴァイン(James Levine)が3月9日、パーム・スプリングで亡くなった。77歳だった。主治医は死因を明らかにしていないが、1990年代半ばからパーキンソン病を発症、2008年に悪性腫瘍が見つかった右腎臓を摘出、椎間板手術も何度も受けていた。戦後を代表する指揮者の一人で、1970年代からニューヨークのメトロポリタン歌劇場の音楽監督・芸術監督を40年以上にわたった務めた。

シンシナティのユダヤ系の家庭の生まれ。父親はヴァイオリニストでダンス・バンドのリーダー、母親は女優。ジュリアード音楽院卒業後、クリーヴランド管弦楽団でジョージ・セルのアシスタントを務めるなどした後、1970年にフィラデルフィア管弦楽団を指揮してデビューした。

メトロポリタン歌劇場へのデビューは1971年で、その大成功を受けて1975年に音楽監督、1986年には芸術監督に就任した。2015/2016シーズン末にパーキンソン病の悪化で退任した後も名誉音楽監督として指揮を続けていた。しかし、2018年3月に過去の男性音楽家に対するセクハラ行為で解雇された。その後、歌劇場とは裁判開始前の2019年8月に350万ドルで和解が成立した。

一方、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1999-2004)、ボストン交響楽団(2004-2011)の首席指揮者や音楽監督も歴任。音楽祭とも縁が深く、オーストリアのザルツブルク音楽祭には1975年にデビュー、ドイツのバイロイト音楽祭ではデビューとなった1982年にワーグナー《パルジファル》の初演百周年公演を指揮している。また、スイスのヴェルビエ音楽祭の常連で、シカゴのラヴィニア音楽祭、シンシナティの五月音楽祭の音楽監督なども務めた。

メトロポリタン歌劇場解雇後は指揮活動から遠ざかっていたが、フィレンツェ歌劇場で2021年1月半ばにコンサートを指揮することが決まっていた。しかし、新型コロナウイルスの流行が収束しないことから公演がキャンセルされて現場復帰はかなわなかった。また、6月にも、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の指揮台に立つことになっていた。

写真:Metropolitan Opera / Steve J. Sherman





関連記事

  1. モスクワ発 〓 グネーシン音楽学校の教員とキーシン、トリフォノフら卒業生がプーチン支持のホフロフ校長に抗議声明

  2. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  3. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

  5. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはブラッドフォードで開催

  6. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  7. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  9. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  10. 訃報 〓 ハンス・ノイエンフェルス(80)ドイツの演出家

  11. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが家族向けコンサートを国連難民高等弁務官事務所と共催

  13. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  14. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  15. ブカレスト発 〓 国立歌劇場が新シーズンの開幕を延期、新型コロナウイルスの感染急拡大で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。