訃報 〓 ジェームズ・レヴァイン, 米国の指揮者

2021/03/18

米国の指揮者ジェームズ・レヴァイン(James Levine)が3月9日、パーム・スプリングで亡くなった。77歳だった。主治医は死因を明らかにしていないが、1990年代半ばからパーキンソン病を発症、2008年に悪性腫瘍が見つかった右腎臓を摘出、椎間板手術も何度も受けていた。戦後を代表する指揮者の一人で、1970年代からニューヨークのメトロポリタン歌劇場の音楽監督・芸術監督を40年以上にわたった務めた。

シンシナティのユダヤ系の家庭の生まれ。父親はヴァイオリニストでダンス・バンドのリーダー、母親は女優。ジュリアード音楽院卒業後、クリーヴランド管弦楽団でジョージ・セルのアシスタントを務めるなどした後、1970年にフィラデルフィア管弦楽団を指揮してデビューした。

メトロポリタン歌劇場へのデビューは1971年で、その大成功を受けて1975年に音楽監督、1986年には芸術監督に就任した。2015/2016シーズン末にパーキンソン病の悪化で退任した後も名誉音楽監督として指揮を続けていた。しかし、2018年3月に過去の男性音楽家に対するセクハラ行為で解雇された。その後、歌劇場とは裁判開始前の2019年8月に350万ドルで和解が成立した。

一方、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1999-2004)、ボストン交響楽団(2004-2011)の首席指揮者や音楽監督も歴任。音楽祭とも縁が深く、オーストリアのザルツブルク音楽祭には1975年にデビュー、ドイツのバイロイト音楽祭ではデビューとなった1982年にワーグナー《パルジファル》の初演百周年公演を指揮している。また、スイスのヴェルビエ音楽祭の常連で、シカゴのラヴィニア音楽祭、シンシナティの五月音楽祭の音楽監督なども務めた。

メトロポリタン歌劇場解雇後は指揮活動から遠ざかっていたが、フィレンツェ歌劇場で2021年1月半ばにコンサートを指揮することが決まっていた。しかし、新型コロナウイルスの流行が収束しないことから公演がキャンセルされて現場復帰はかなわなかった。また、6月にも、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の指揮台に立つことになっていた。

写真:Metropolitan Opera / Steve J. Sherman





関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  2. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  3. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  4. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  5. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  6. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  7. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  8. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  9. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  10. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  11. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  12. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  13. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  14. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  15. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。