訃報 〓 ベルナルト・ハイティンク(92)オランダの指揮者

2021/10/22
【最終更新日】2023/02/06

指揮者界の最長老だったオランダの名指揮者、ベルナルト・ハイティンクが10月21日にロンドンの自宅で亡くなった。92歳だった。母国の名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(現在のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)の首席指揮者を27年務める一方、世界の名門オーケストラとの共演を重ね、数多くの名録音を残し、戦後を代表する指揮者の一人だった。

アムステルダム生まれで、ヴァイオリニストとして音楽家のキャリアをスタート。その後、名指揮者フェルディナント・ライトナーに師事して指揮者に転身した。1957年にオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。1961年には弱冠32歳の若さで名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の常任指揮者に就任して話題を集め、その後、首席指揮者となった。

その後、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1967-1979)、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス(1987-2002)の音楽監督などを歴任。また、シカゴ交響楽団やドレスデン・シュターツカペレにもポストを持ち、一方でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をいった名門オーケストラへの客演を重ねた。

端正で構築的な音楽作りを根底に置きながら、温かく包容力のあるしなやかな音楽を紡ぎ出すことで知られ、ベートーベンやブラームス、ブルックナー、マーラー、ショスタコーヴィチまで500タイトル近い録音を残している。2019年9月、スイス・ルツェルン音楽祭でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した公演を最後に引退していた。

1962年にコンセルトヘボウ管弦楽団と初来日。以来、2015年のロンドン交響楽団との来日まで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・オペラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、シカゴ交響楽団などと来日を重ね、日本にも多くのファンを持つ。

写真:Berliner Philharmoniker


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  2. カーディフ発 〓 英国のウェールズ・ナショナル・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ハノーファー発 〓 州立劇場が音楽総監督のステファン・ジリアスとの契約を延長

  4. シュタイアー発 〓 「オーストリア音楽劇場賞」の最優秀指揮者にフランツ・ウェルザー=メスト

  5. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  6. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  7. バーゼル発 〓 バーゼル・シンフォニエッタの次期首席指揮者にティトゥス・エンゲル

  8. 東京発 〓 ウェルザー=メストの代役はソヒエフ、ウィーン・フィルの日本ツアー

  9. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  10. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  11. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  12. 訃報 〓 ルドルフ・ヴァインスハイマー(91)ドイツのチェロ奏者、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」の創設者

  13. 北京発 〓 中国メディア、ピアニストのユンディ・リを買春容疑で拘束と報道

  14. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  15. バルセロナ発 〓 アラーニャ、クルザク夫妻がリセウ大劇場の《トスカ》から撤退、理由は「卑猥な演出」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。