訃報 〓 ベルナルト・ハイティンク, オランダの指揮者

2021/10/22
【最終更新日】2021/10/23

指揮者界の最長老だったオランダの名指揮者、ベルナルト・ハイティンクが10月21日にロンドンの自宅で亡くなった。92歳だった。母国の名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(現在のロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)の首席指揮者を27年務める一方、世界の名門オーケストラとの共演を重ね、数多くの名録音を残し、戦後を代表する指揮者の一人だった。

アムステルダム生まれで、ヴァイオリニストとして音楽家のキャリアをスタート。その後、名指揮者フェルディナント・ライトナーに師事して指揮者に転身した。1957年にオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。1961年には弱冠32歳の若さで名門アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の常任指揮者に就任して話題を集め、その後、首席指揮者となった。

その後、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(1967-1979)、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス(1987-2002)の音楽監督などを歴任。また、シカゴ交響楽団やドレスデン・シュターツカペレにもポストを持ち、一方でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をいった名門オーケストラへの客演を重ねた。

端正で構築的な音楽作りを根底に置きながら、温かく包容力のあるしなやかな音楽を紡ぎ出すことで知られ、ベートーベンやブラームス、ブルックナー、マーラー、ショスタコーヴィチまで500タイトル近い録音を残している。2019年9月、スイス・ルツェルン音楽祭でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した公演を最後に引退していた。

1962年にコンセルトヘボウ管弦楽団と初来日。以来、2015年のロンドン交響楽団との来日まで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・オペラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、シカゴ交響楽団などと来日を重ね、日本にも多くのファンを持つ。

写真:Berliner Philharmoniker


関連記事

  1. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  2. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  3. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管がハイティンクの追悼コンサート

  4. ラヴェンナ発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が5月にイタリア・ツアー

  5. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  6. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  7. ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

  8. プラハ発 〓 チェコ・フィルが音楽監督のビシュコフとの契約を延長

  9. オデーサ発 〓 ウクライナの音楽祭「オデーサ・クラシックス」がエストニの首都タリンに会場を移して開催

  10. モスクワ発 〓 若手歌手のためのコンクール「オペラリア」が閉幕

  11. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第7週のラインナップ発表

  13. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  14. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の日本公演の延期決まる

  15. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。