ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

2021/03/31

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3月第5週・4月第1週(3月30日-4月6日)のストリーミング配信ラインナップを発表した。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

3月30日
[オペラ]
ワーグナー《ジークフリート》
出演:クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー
指揮:アダム・フィッシャー
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
 (収録:2016)


3月31日
[オペラ]
ワーグナー《神々の黄昏》
出演:クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー / リック・ハーフヴァーソン
指揮:アダム・フィッシャー
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
 (収録:2016)


4月1日
[オペラ]
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
出演:ミヒャエル・ヴォッレ / ハンス= ペーター・ケーニヒ / リカルダ・メルベート / ヘルベルト・リッパート
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:クリスティーネ・ミーリッツ
 (収録:2015)


4月3日
[バレエ]
リストの音楽による《LIVE》
振付:ハンス・ヴァン・マネン
マーラーの音楽による《4》
振付:マーティン・シュレップァー
指揮:アクセル・コーバー
 (収録:2020)


4月4日
[オペラ]
ベートーヴェン《フィデリオ》
出演:クラウス・フロリアン・フォークト / アニャ・カンペ / エフゲニー・ニキティン / シュテファン・ミリング / ヴァレンティナ・ナフォルニツァ
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:オットー・シェンク
 (収録:2016)


4月5日
[オペラ]
プッチーニ《ラ・ボエーム》
出演:ラモン・バルガス / マイヤ・コヴァレヴスカ / アレッシオ・アルドゥーニ / アドリアン・エレート / イルディコ・ライモンディ
指揮:ミッコ・フランク
演出:フランコ・ゼフィレッリ
 (収録:2014)


4月6日
[オペラ]
ヴェルディ《リゴレット》
出演:カルロス・アルバレス / ファン・ディエゴ・フローレス / オルガ・ペレチャッコ / アイン・アンガー / ナディア・クラスティヴァ
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:ピエール・アウディ
 (収録:2016)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  2. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  3. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  4. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  5. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  6. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. リエージュ発 〓 ベルギーのワロン王立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 英国の音楽雑誌「BBCミュージック・マガジン」が年次賞を発表

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  10. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  11. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  12. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  13. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  14. 北京発 〓 中国の“ウイルス征圧”投稿が物議

  15. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。