ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

2021/03/31

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3月第5週・4月第1週(3月30日-4月6日)のストリーミング配信ラインナップを発表した。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

3月30日
[オペラ]
ワーグナー《ジークフリート》
出演:クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー
指揮:アダム・フィッシャー
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
 (収録:2016)


3月31日
[オペラ]
ワーグナー《神々の黄昏》
出演:クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー / リック・ハーフヴァーソン
指揮:アダム・フィッシャー
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
 (収録:2016)


4月1日
[オペラ]
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
出演:ミヒャエル・ヴォッレ / ハンス= ペーター・ケーニヒ / リカルダ・メルベート / ヘルベルト・リッパート
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:クリスティーネ・ミーリッツ
 (収録:2015)


4月3日
[バレエ]
リストの音楽による《LIVE》
振付:ハンス・ヴァン・マネン
マーラーの音楽による《4》
振付:マーティン・シュレップァー
指揮:アクセル・コーバー
 (収録:2020)


4月4日
[オペラ]
ベートーヴェン《フィデリオ》
出演:クラウス・フロリアン・フォークト / アニャ・カンペ / エフゲニー・ニキティン / シュテファン・ミリング / ヴァレンティナ・ナフォルニツァ
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:オットー・シェンク
 (収録:2016)


4月5日
[オペラ]
プッチーニ《ラ・ボエーム》
出演:ラモン・バルガス / マイヤ・コヴァレヴスカ / アレッシオ・アルドゥーニ / アドリアン・エレート / イルディコ・ライモンディ
指揮:ミッコ・フランク
演出:フランコ・ゼフィレッリ
 (収録:2014)


4月6日
[オペラ]
ヴェルディ《リゴレット》
出演:カルロス・アルバレス / ファン・ディエゴ・フローレス / オルガ・ペレチャッコ / アイン・アンガー / ナディア・クラスティヴァ
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:ピエール・アウディ
 (収録:2016)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  2. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー(63)オーストリアのフルート奏者

  3. トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

  4. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  5. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  6. 京都発 〓 京都市響の第14代常任指揮者に沖澤のどか

  7. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2021年夏の公演ラインナップを発表

  8. ルツェルン発 〓 夏の音楽祭の中止決まる

  9. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  10. ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

  11. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  12. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  13. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  14. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  15. パレルモ発 〓 ピアノのプレトニョフ、カワイのスペシャル・モデル盗まれる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。