ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/05/06

アン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

室内オペラを除く、ラインナップは以下の通り。


レオンカヴァッロ《ザザ》 = 新制作
9月16日 →
演出:クリストフ・ロイ
指揮:ステファン・ゾルテス
出演:スヴェトラーナ・アクショーノヴァ / ニコライ・シューコフ / クリストファー・モルトマン / エンケレイダ・シュコサ


ガーシュイン《ポーギーとベス》= 新制作
10月14日 →
演出:マシュー・ワイルド
指揮:ウェイン・ マーシャル
出演:エリック・グリーン / サイモン・シバンブー / ニコール・カベル / ジャニーヌ・ド・ビク / ナディーヌ・ベンジャミン / ヌモン・フォード / マリー・エリザベス・ウィリアムズ


モーツァルト《フィガロの結婚》= 新制作
11月12日 →
演出:アルフレッド・ドルファー
指揮:シュテファン・ゴットフリート
出演:フローリアン・ベッシュ / クリスティナ・パサローユ / ジュリア・セメンツァート / ロバート・グリアドウ / ケイティ・コヴェントリー


ラモー《プラテー》
12月14日 →
演出:ロバート・カーセン
指揮:ウィリアム・クリスティ
出演:マルセル・ベークマン / ジャニーヌ・ド・ビク / シリル・オヴィティ / マルク・モイヨン / エドウィン・クロスリー=マーサー / エマニュエル・デ・ネグリ / エミリー・レナード / イロナ・レヴォルスカヤ / バドライク・ローワン


マスネ《タイス》= 新制作
2021年1月19日 →
演出:ペーター・コンヴィチュニー
指揮:レオ・フセイン
出演:ニコール・シュヴァリエ / ヨゼフ・ワーグナー / ロベルト・サッカ


ドニゼッティ《ベリサリオ》= 新制作
2月16日 →
演出:ナイジェル・ロウリー
指揮:オクサーナ・リーニフ
出演:ロベルト・フロンターリ / カルメラ・レミージョ / パオロ・ファナーレ


プロコフィエフ《炎の天使》= 新制作
3月17日 →
演出:アンドレア・ブレス
指揮:コンスタンティン・トリンクス
出演:ボー・スコウフス  / アウシュリネ・シュトゥンディーテ / ナターシャ・ペトリンスキー / ニコライ・シューコフ


ヘンデル《サウル》
4月16日 →
演出:クラウス・グート
指揮:クリストファー・マウルズ
出演:フローリアン・ベッシュ / ダニエル・プロハスカ / ジュリア・セメンツァート / ジェイク・アルディッティ / ルパート・チャールズワース / デイヴィッド・ウェッブ / アンドリュー・モアシュタイン / パウル・ローレンガー


写真:Theater an der Wien / Peter Mayr


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  3. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  4. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  5. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  6. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  7. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  8. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  9. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  10. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  11. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  14. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ, フランスのバリトン歌手

  15. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。