ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/05/06

アン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

室内オペラを除く、ラインナップは以下の通り。


レオンカヴァッロ《ザザ》 = 新制作
9月16日 →
演出:クリストフ・ロイ
指揮:ステファン・ゾルテス
出演:スヴェトラーナ・アクショーノヴァ / ニコライ・シューコフ / クリストファー・モルトマン / エンケレイダ・シュコサ


ガーシュイン《ポーギーとベス》= 新制作
10月14日 →
演出:マシュー・ワイルド
指揮:ウェイン・ マーシャル
出演:エリック・グリーン / サイモン・シバンブー / ニコール・カベル / ジャニーヌ・ド・ビク / ナディーヌ・ベンジャミン / ヌモン・フォード / マリー・エリザベス・ウィリアムズ


モーツァルト《フィガロの結婚》= 新制作
11月12日 →
演出:アルフレッド・ドルファー
指揮:シュテファン・ゴットフリート
出演:フローリアン・ベッシュ / クリスティナ・パサローユ / ジュリア・セメンツァート / ロバート・グリアドウ / ケイティ・コヴェントリー


ラモー《プラテー》
12月14日 →
演出:ロバート・カーセン
指揮:ウィリアム・クリスティ
出演:マルセル・ベークマン / ジャニーヌ・ド・ビク / シリル・オヴィティ / マルク・モイヨン / エドウィン・クロスリー=マーサー / エマニュエル・デ・ネグリ / エミリー・レナード / イロナ・レヴォルスカヤ / バドライク・ローワン


マスネ《タイス》= 新制作
2021年1月19日 →
演出:ペーター・コンヴィチュニー
指揮:レオ・フセイン
出演:ニコール・シュヴァリエ / ヨゼフ・ワーグナー / ロベルト・サッカ


ドニゼッティ《ベリサリオ》= 新制作
2月16日 →
演出:ナイジェル・ロウリー
指揮:オクサーナ・リーニフ
出演:ロベルト・フロンターリ / カルメラ・レミージョ / パオロ・ファナーレ


プロコフィエフ《炎の天使》= 新制作
3月17日 →
演出:アンドレア・ブレス
指揮:コンスタンティン・トリンクス
出演:ボー・スコウフス  / アウシュリネ・シュトゥンディーテ / ナターシャ・ペトリンスキー / ニコライ・シューコフ


ヘンデル《サウル》
4月16日 →
演出:クラウス・グート
指揮:クリストファー・マウルズ
出演:フローリアン・ベッシュ / ダニエル・プロハスカ / ジュリア・セメンツァート / ジェイク・アルディッティ / ルパート・チャールズワース / デイヴィッド・ウェッブ / アンドリュー・モアシュタイン / パウル・ローレンガー


写真:Theater an der Wien / Peter Mayr


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  2. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第1週のストリーミングのラインナップを発表、新制作の《椿姫》もライブで

  4. 東京発 〓 久石譲が新作交響曲を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

  5. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. 静岡発 〓 プロ・オーケストラ「富士山静岡交響楽団」が発足、静岡交響楽団と浜松フィルの合併で

  8. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  9. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  10. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  11. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  12. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  13. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  14. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  15. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。