ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/05/06

アン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

室内オペラを除く、ラインナップは以下の通り。


レオンカヴァッロ《ザザ》 = 新制作
9月16日 →
演出:クリストフ・ロイ
指揮:ステファン・ゾルテス
出演:スヴェトラーナ・アクショーノヴァ / ニコライ・シューコフ / クリストファー・モルトマン / エンケレイダ・シュコサ


ガーシュイン《ポーギーとベス》= 新制作
10月14日 →
演出:マシュー・ワイルド
指揮:ウェイン・ マーシャル
出演:エリック・グリーン / サイモン・シバンブー / ニコール・カベル / ジャニーヌ・ド・ビク / ナディーヌ・ベンジャミン / ヌモン・フォード / マリー・エリザベス・ウィリアムズ


モーツァルト《フィガロの結婚》= 新制作
11月12日 →
演出:アルフレッド・ドルファー
指揮:シュテファン・ゴットフリート
出演:フローリアン・ベッシュ / クリスティナ・パサローユ / ジュリア・セメンツァート / ロバート・グリアドウ / ケイティ・コヴェントリー


ラモー《プラテー》
12月14日 →
演出:ロバート・カーセン
指揮:ウィリアム・クリスティ
出演:マルセル・ベークマン / ジャニーヌ・ド・ビク / シリル・オヴィティ / マルク・モイヨン / エドウィン・クロスリー=マーサー / エマニュエル・デ・ネグリ / エミリー・レナード / イロナ・レヴォルスカヤ / バドライク・ローワン


マスネ《タイス》= 新制作
2021年1月19日 →
演出:ペーター・コンヴィチュニー
指揮:レオ・フセイン
出演:ニコール・シュヴァリエ / ヨゼフ・ワーグナー / ロベルト・サッカ


ドニゼッティ《ベリサリオ》= 新制作
2月16日 →
演出:ナイジェル・ロウリー
指揮:オクサーナ・リーニフ
出演:ロベルト・フロンターリ / カルメラ・レミージョ / パオロ・ファナーレ


プロコフィエフ《炎の天使》= 新制作
3月17日 →
演出:アンドレア・ブレス
指揮:コンスタンティン・トリンクス
出演:ボー・スコウフス  / アウシュリネ・シュトゥンディーテ / ナターシャ・ペトリンスキー / ニコライ・シューコフ


ヘンデル《サウル》
4月16日 →
演出:クラウス・グート
指揮:クリストファー・マウルズ
出演:フローリアン・ベッシュ / ダニエル・プロハスカ / ジュリア・セメンツァート / ジェイク・アルディッティ / ルパート・チャールズワース / デイヴィッド・ウェッブ / アンドリュー・モアシュタイン / パウル・ローレンガー


写真:Theater an der Wien / Peter Mayr


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 アウシュリネ・ストゥンディーテが代役で《エレクトラ》に出演、前倒しでロイヤル・オペラにデビュー

  2. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  3. ロサンゼルス発 〓 第66回「グラミー賞」発表

  4. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  5. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  6. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  7. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  8. 訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー(80)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  9. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  10. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  11. クラスノヤルスク発 〓 第2回「ヴィクトル・トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール」でスペインのマリア・ドゥエナスが優勝、河井勇人、清水公望が入賞

  12. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  13. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  14. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  15. ストックホルム発 〓 ノーベル賞コンサートの指揮はマンフレート・ホーネック、ディアナ・ダムラウが出演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。