訃報 〓 エツィオ・ボッソ, イタリアのピアニスト・作曲家・指揮者

2020/05/15
【最終更新日】2020/05/16

ピアニスト、指揮者、作曲家として活躍していたイタリアのエツィオ・ボッソ(Ezio Bosso)が5月15日ボローニャで亡くなった。48歳だった。2011年から脳腫瘍の手術を受けて以来、神経変性疾患が悪化、昨年秋からはピアニストとしての活動を止めていた。

トリノで生まれ。ウィーンでコントラバス、作曲、指揮を学んだ後、ヨーロッパ室内管弦楽団、ルツェルン音楽祭管弦楽団などで活動。その後、イタリアのオーケストラで指揮を始め、プッチーニ・フェスティバルなどの音楽祭でも指揮。2017年からはトリエステのヴェルディ劇場の専属指揮者の一人だった。

2016年にはサンレモ音楽祭にも出演。そのライヴが人気に火をつけ、2017年にSony Classicalからリリースされたアルバム「The 12th Room」がイタリアだけで5万枚を売り上げた。2017年には「ストラディヴァリ・フェスティヴァル室内管弦楽団」を設立。2018年には欧州議会に招かれている。

作曲家としては、ガブリエーレ・サルヴァトーレス監督作品『ぼくは怖くない=Io non ho paura』の音楽を担当。バレエの音楽も手掛け、《Murmurtaion》はウィーン国立歌劇場、ロイヤル・オペラハウス、シャトレ劇場などで上演されている。

写真:Sony Classical







関連記事

  1. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  4. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  6. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  8. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  10. モントリオール発 〓 モントリオール交響楽団がケント・ナガノに名誉指揮者の称号

  11. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  12. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  13. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  14. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  15. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。