リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

2021/01/13

英国の指揮者カレル・マーク・チチョン(Karel Mark Chichon)がこのほど、ラトビア国籍を取得した。チチョンの夫人はラトビア出身のメゾ・ソプラノ歌手のエリーナ・ガランチャ(Elīna Garanča)で、夫妻には二人の娘がいる。

チチョンはロンドン生まれで、ジブラルタル育ちの49歳。ロンドンの王立音楽院で学んだ後、ウィーン音楽院でレオポルト・ハーガーに師事。その後、ジョゼッペ・シノーポリ、ヴァレリー・ゲルギエフといった指揮者のアシスタントを務めた。

2006年にグラーツ交響楽団の首席指揮者に就任(2006-2009)、2009年からラトヴィア国立交響楽団の首席指揮者・芸術監督を務めた(2009-2012)。2011年からはザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めている。

また、2017年にはスペイン領カナリア諸島グラン・カナリア交響楽団の首席指揮者・芸術監督に就任。契約延長で任期は2023年まであるが、昨年末にオーケストラのメンバーからパワー・ハラスメントを告発され、地元の政治家とも衝突するなど、関係悪化が伝えられている。

写真:Prague Philharmonia / Petr Dyrc


関連記事

  1. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  2. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  3. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  4. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  5. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  6. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  7. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  8. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  9. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  10. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  11. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  12. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  13. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  14. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  15. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。