フライブルク発 〓 2021年の「ドイツ音楽コンクール」の受賞者決まる

2021/08/13

「ドイツ音楽コンクール=Deutschen Musikwettbewerb」の2021年の受賞者が決まった。受賞者は、リコーダー奏者のマックス・ヴォルバーズ、ピアノ三重奏「トリオE.T.A.」、「新しい音楽アンサンブル・トリオKlangspektrum」の3者。受賞者には賞金以外に「GENUIN」レーベルからのアルバムのリリースなどの特典が与えられる。

コンクールは1975年の創設で、ドイツ音楽評議会の主催。39の部門があり、毎年13部門前後の審査が行われる。今年は、リコーダー、フルート、オーボエ、ホーン、テノール・ベーストロンボーン、打楽器、ピアノ、チェンバロ、ピアノ・トリオ、ピアノ・カルテット、新しい音楽と作曲のためのアンサンブルの審査が行われ、予選には209人が応募している。

写真:Deutscher Musikwettbewerb / Felix Groteloh


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 今年のサマー・ナイト・コンサートは6月18日と発表、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  2. 東京発 〓 音楽大学「上野学園大学」が来年度から学生の新規募集を停止

  3. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  4. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ, イタリアのテノール歌手

  5. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  6. バイロイト発 〓 新しい《ニーベルングの指環》で指揮者交代。インキネンが新型コロナでダウン、代役にマイスター

  7. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  8. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  9. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  10. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  12. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  13. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  14. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長もゲルギエフに“最後通牒”、ロシアのウクライナ進攻めぐり

  15. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。