ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭が早くも2024年の音楽祭の詳細を発表

2023/03/17

ザルツブルク復活祭音楽祭(Salzburger Osterfestspiele)が早くも、2024年の音楽祭の詳細を発表した。開幕を飾るのはポンキエッリのオペラ《ラ・ジョコンダ》で、ソプラノのアンナ・ネトレプコがタイトル・ロールを歌い、ヨナス・カウフマンが共演し、ともに音楽祭デビューする。

発表によると、2024年の音楽祭は3月23日から4月2日の開催で、レジデント・オーケストラはアントニオ・パッパーノ率いるローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団が務める。《ラ・ジョコンダ》のピットに入る一方、パッパーノの指揮でヴェルディのレクイエム、首席客演指揮者ヤクブ・フルシャの指揮でベルリオーズとマルティヌーの作品を取り上げる。

音楽祭は1967年、20世紀のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と創設。しかし、オーケストラが2013年から復活祭時期にドイツのバーデン=バーデン音楽祭に出演すると方針を大転換したことから、クリスティアン・ティーレマン率いるドレスデン・シュターツカペレ(ザクセン州立歌劇場管弦楽団)をレジデント・オーケストラに招いて音楽祭を開催してきた。

しかし、音楽祭はバイエルン州立オペラの総裁だったニコラウス・バッハラーを迎えて方針を大転換。2023年からは毎年違ったオーケストラを招くことになり、2023年はアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が招かれることに。また、2026年からはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がレジデント・オーケストラに復帰という、大どんでん返しも起きている。

2024年の《ラ・ジョコンダ》は、オリバー・ミアーズが新演出を手掛け、ネトレプコとカウフマン以下、アグニエツカ・レーリス、イヴ=モー・ユボー、タレク・ナズミ、ルカ・サルシが共演。また、レクイエムはカウフマン以下、ソーニャ・ヨンチェヴァ、ユディット・クタージ、ミケーレ・ペルトゥージが出演する。

写真:Maggio Musicale Fiorentino / Marco Borelli


  もっと詳しく ▷

  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が《トリスタンとイゾルデ》の27日の公演をライブ・ストリーミング

  3. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  4. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  5. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が2023年の公演ラインナップを発表、ズービン・メータを前面に

  6. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルの次期芸術監督にニコラ・ベネデッティ、初の女性、初のスコットランド人、初の現役音楽家

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  10. ウィーン発 〓 オメール・メイア・ヴェルバーが1シーズンでフォルクスオーパーの音楽監督を退任、後任は首席客演指揮者のベン・グラスバーグ

  11. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が代役を確保できず、アリベルト・ライマンの《メデア》の再演を断念

  13. 訃報 〓 ウェルナー・ヒンク(81)ヴァイオリニスト / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

  14. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  15. ラ・コート=サンタンドレ発 〓 指揮者のガーディナーが公演に出演した歌手に暴行、謝罪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。