ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/23

ウィーン・フォルクスオーパー(Volksoper Wien)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。フォルクスオーパーは新シーズンから、オランダの女流演出家ロッテ・デ・ベア(Lotte de Beer)が総監督に就任、オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)を音楽監督に迎えて、新体制がスタートする。

また、ベン・グラスバーグ、カルロ・ゴルトシュタイン、アレクサンダー・ジョエルという3人が首席客演指揮者を務めることも発表された。グラスバーグは2017年のフランス・ブザンソン国際指揮者コンクール、ゴルトシュタインは2009年のオーストリア・グラーツ国際指揮者コンクール、ジョエルは1996年のイタリア・スポレート指揮者コンクールで優勝している。

発表によると、新シーズンの開幕を飾るのは、ミレッカーのオペレッタ《デュバリー》。ミレッカーが《乞食学生》の3年前に仕上げた作品で、ヤン・フィリップ・グローガーが演出を手掛ける。指揮はカイ・ティーチェで、アンネッタ・ダッシュが主人公デュバリーを歌い、ルイ15世をテレビ俳優のハラルド・シュミットが演じて劇場デビューを飾る。

オペラの新制作は、《デュバリー》の他、ヴァイルの《三文オペラ》、オッフェンバック《天国と地獄》、ニコライ《ウィンザーの陽気な女房たち》、モーツァルト《後宮からの逃走》。2023年3月には、ドイツの作曲家モーリッツ・エッゲルトの新作オペラ《Die letzte Verschwörung=最後の陰謀》の世界初演も予定されている。

写真:Volksoper Wien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  3. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  4. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  6. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  7. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  8. ソウル発 〓 ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人3人がロシアの侵略から祖国を守るため帰国、従軍

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月に米国ツアー、海外ツアーは4年ぶり

  10. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  11. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  12. ネイプルズ発 〓 ウィーン・フィルの米国ツアー、二人目の代役指揮者はデイヴィッド・ロバートソン

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

  14. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  15. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。