ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/23

ウィーン・フォルクスオーパー(Volksoper Wien)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。フォルクスオーパーは新シーズンから、オランダの女流演出家ロッテ・デ・ベア(Lotte de Beer)が総監督に就任、オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)を音楽監督に迎えて、新体制がスタートする。

また、ベン・グラスバーグ、カルロ・ゴルトシュタイン、アレクサンダー・ジョエルという3人が首席客演指揮者を務めることも発表された。グラスバーグは2017年のフランス・ブザンソン国際指揮者コンクール、ゴルトシュタインは2009年のオーストリア・グラーツ国際指揮者コンクール、ジョエルは1996年のイタリア・スポレート指揮者コンクールで優勝している。

発表によると、新シーズンの開幕を飾るのは、ミレッカーのオペレッタ《デュバリー》。ミレッカーが《乞食学生》の3年前に仕上げた作品で、ヤン・フィリップ・グローガーが演出を手掛ける。指揮はカイ・ティーチェで、アンネッタ・ダッシュが主人公デュバリーを歌い、ルイ15世をテレビ俳優のハラルド・シュミットが演じて劇場デビューを飾る。

オペラの新制作は、《デュバリー》の他、ヴァイルの《三文オペラ》、オッフェンバック《天国と地獄》、ニコライ《ウィンザーの陽気な女房たち》、モーツァルト《後宮からの逃走》。2023年3月には、ドイツの作曲家モーリッツ・エッゲルトの新作オペラ《Die letzte Verschwörung=最後の陰謀》の世界初演も予定されている。

写真:Volksoper Wien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  2. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. 訃報 〓 ミキス・テオドラキス(96)ギリシャの作曲家・社会活動家

  4. ミュンヘン発 〓 ワーグナーの曽孫エヴァ・ワーグナー=パスキエ、イザール川で仮死状況で発見されるも昏睡状態

  5. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  6. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ(84)ジョージア出身の作曲家

  7. ウィーン発 〓 エリザーベト・レオンスカヤがモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリース

  8. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  9. ヘルシンキ発 〓 第12回「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」はヤン・インモが優勝

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  11. ブリュッセル発 〓 大野和士がブリュッセル・フィルの次期音楽監督に

  12. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  14. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  15. 訃報 〓 クラウディオ・デズデーリ(75)イタリアのバリトン歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。