ブレゲンツ音楽祭 〓 新制作の《アルジェのイタリア女》の上演を断念、上演陣のコロナ陽性反応受け

2021/08/18

オーストリアのブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)が16日から上演する予定だった新制作のロッシーニ《アルジェのイタリア女》の上演を断念すると発表した。上演陣の中に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受けて。発表によると、陽性反応が出ている人物はワクチン接種を既に二度済ませていたという。

今年の《アルジェのイタリア女》は演出をブリギッテ・ファスベンダーが手掛けることで話題を集めていた。ジョナサン・ブランダーニ指揮のフォアアールベルク交響楽団がピットに入り、若手歌手が出演。ブレゲンツ市内のコルンマルクト劇場で16日から4回上演される予定だった。

音楽祭は昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で開催中止。今年は7月21日から8月22日の日程で開催され、入場者にワクチンの接種証明を求めて入場制限は行っていない。湖上のメイン・ステージで2019年から上演が始まったヴェルディ《リゴレット》を上演。湖畔の祝祭劇場ではボイート《ネロ》を上演している。

写真:Bregenzer Festspiele / Karl Forster


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  2. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 2年連続の中止を発表

  5. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  6. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  7. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  9. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  10. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ, ロシアのバス歌手

  11. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  13. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  14. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。