ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

2020/09/19

ジェームズ・レヴァイン(James Levine)がサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団(L’Orchestra dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia)の指揮台に立つことが明らかになった。2020/2021シーズンを締め括る6月17、18、19日のコンサートを指揮する。指揮するのは、シューベルトの交響曲第5番他。

レヴァインは現在、77歳。1970年代から40年間にわたってメトロポリタン歌劇場の音楽監督・芸術監督を務めたが、過去の男性音楽家に対するセクハラ行為から2018年3月に解雇された。一時は解雇をめぐって歌劇場と訴訟合戦になったが、裁判開始前の2019年8月に和解が成立したが、解雇以来、指揮台には立っていない。

いまのところ復帰第1弾として伝えられるのは、2021年1月に行われるフィレンツェ歌劇場管弦楽団のコンサート。ベルリオーズの《ファウストの劫罰》、ブラームスの《ドイツ・レクイエム》、モーツァルトの後期三大交響曲などを指揮することが決まっている。

写真:AP / Mary Altaffer


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 イーゴリ・ゼレンスキーがバイエルン州立バレエ団の監督を突然辞任

  2. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  3. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  4. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  5. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  6. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が次期音楽監督にダン・エッティンガー

  7. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  9. ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

  10. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  11. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ドミトリー・バシキーロフ, ロシアのピアニスト

  13. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  14. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  15. ア・コルーニャ発 〓 ガリシア響の次期首席指揮者にロベルト・ゴンサレス=モンハス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。