訃報 〓 マルチェッラ・レアーレ, 米国のソプラノ歌手

2021/01/24

米国のソプラノ歌手マルチェッラ・レアーレ(Marcella Reale)が新型コロナウイルスに感染し、17日に亡くなった。84歳だった。世界各地の著名な歌劇場で活躍、オペラの黄金期に欧米だけでなく、南米、オーストラリアでも歌った。1994年から2017年に米国に戻るまで日本に定住し、新国立劇場のコーディネーターを務めるかたわら、さまざまな音楽大学で指導に当たった。

ニューヨークのブルックリン生まれ。両親はイタリア人で、フルブライト奨学金でミュンヘン音楽大学でアルマンド・トカティアン、ロッテ・レーマンに師事した。1957年にハイデルベルク州立劇場でオペラ界にデビュー。1961年にトリエステのヴェルディ劇場にデビューしてから国際的な活躍を始めた。

1970年に「黄金のプッチーニ賞」を米国人として初めて受賞するなど、プッチーニやヴェリズモ・オペラを得意とし、中でも蝶々夫人とトスカは300回以上歌っている。長いキャリアの中で、マリオ・デル・モナコ、フランコ・コレッリ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ティト・ゴッビ、アルフレド・クラウス、ジョン・ビッカースらと共演。1991年には「マリオ・デル・モナコ賞」を受賞している。

写真:Seattle Opera





関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツの演出家クラウス・グートがロシアの「ゴールデン・マスク賞」の受賞を拒否

  2. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  3. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  4. バルセロナ発 〓 アラーニャ、クルザク夫妻がリセウ大劇場の《トスカ》から撤退、理由は「卑猥な演出」

  5. 京都発 〓 京都市響の第14代常任指揮者に沖澤のどか

  6. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の首席客演指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  7. ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

  8. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  9. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  10. 訃報 〓 スティーヴン・ソンドハイム, アメリカの作曲家・作詞家

  11. ジェノヴァ発 〓 カルロ・フェリーチェ劇場の音楽監督にリッカルド・ミナシ

  12. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  13. ハンブルク発 〓 「ドイツ・グラモフォン」がブルース・リューと独占録音契約

  14. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・バレエのリアム・スカーレットにセクハラ疑惑?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。