モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

2021/01/20

新型コロナウイルスの感染拡大で開催中止が決まったオーストリア・ザルツブルクの音楽祭「モーツァルト週間」がインターネット上のオンライン開催を発表した。音楽祭は本来1月21日から31日の日程で開催される予定だった。

オンライン音楽祭はモーツァルトの265回目の誕生日である1月27日にスタート。31日までの閉幕までに10のコンテンツが配信される。開幕を飾るのは、ケリー=リン・ウィルソン指揮のモーツァルテウム管弦楽団のコンサート。また、開幕コンサートに先立ち、新たに発掘されたモーツァルトの作品も披露される。

披露されるのは「KV626b」。3回目のイタリア旅行を終えてザルツブルクに戻った直後の1773年初頭、17歳のモーツァルトが書き留めた可能性が高いという。演奏は2015年のショパン国際ピアノ・コンクールで優勝したチョ・ソンジン。芸術監督のローランド・ビリャソンが司会を担当、学芸員の解説も付く。

出演陣も豪華で、トーマス・ヘンゲルブロック指揮のバルタザール・ノイマン・アンサンブル、ダニエル・バレンボイムとマルタ・アルゲリッチによるピアノ・デュオ、バレンボイム指揮でチェチーリア・バルトリをソリストに迎えたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートなど。

写真:Mozartwoche


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  3. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  4. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 〓 開催中止を発表、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大受け

  5. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  6. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  7. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  10. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  11. ゲッティンゲン発 〓 ヘンデル音楽祭が延期を発表

  12. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《パルジファル》を18日にストリーミング

  15. サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル 〓 オペラ上演の断念を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。